頭がいい人の「通勤時間」活用術

今は専業主婦の管理人ですが、子育てのため仕事をやめるまでは、1時間かけて、電車や自動車で通勤していたので、つい気になって、買ってしまいました。

楽天ブックス  頭がいい人の「通勤時間」活用術

通勤時間は有意義に活用しよう

ビジネスマンにとって、通勤時間をいかに活用するか、というのは大変重要です。

ただぼーっと時が過ぎるままに電車にのっているのか、あるいは、二毛作と言ったのは本田直之さんでしたか、ビジネス力をアップする時間として活用するか。

行き帰り各1時間、合わせて二時間ほど通勤している方はざらにおられるでしょうから、この時間の使い方次第では、ビジネスの成果に大きな差が現れるでしょう。

約40のtips

本書は、主に電車を利用して通勤している人が、活用できるtipsが40ほど掲載されています。

お昼のワイドショーの健康コーナー的なことから、ビジネス力アップまで、はばひろく掲載されているので、一つくらいは、自分にあった実行できるtipsが見つかりそうです。

管理人が読んで実行してみたいなと思ったtips

管理人は現在在宅というか主婦なので、通勤ありませんが、もし、昔どおり通勤してたら、使ってみたいな、と思ったtipsは以下のとおり。

▼表現力アップ術・・・車窓の風景を描写する・・・p46
▼指回し体操・・・指をアーチ型に合わせて30秒間ぐるぐる、全部でたったの2分30秒・・・p52
▼アドレナリン分泌のピークは午前7時、脳も身体もクリアなのは、その前後2時間。だから、通勤時間は勉強にあてる・・・p82
▼携帯でネットオークション・・・p98
▼参考書籍「頭のいい人が使うモノの言い方・話し方―ちょっとした話し方のコツが相手に与える印象を大きく変える (日文新書 21)」・・・p139

座る技術

あと、最後の章には通勤電車で座る技術まで解説されていました。

気がつかなかったけれど、言われてみれば、なるほどなことばかり。そこまで、つきつめて考えると座れるかもね、みたいな。

通勤時間の活用を模索されているビジネスマンの方は、是非読んでみてください。