この前レビューを書いたビジネスマンのための「発見力」養成講座の次は本当は「ビジネスマンのための「数字力」養成講座 これで、もっともっと見えてくる」なんですが、読み始めたものの数字関係はめっぽう苦手でなんとなく拒否反応が出て、その次の解決力養成講座を先に読み終わってしまいました。

楽天Kobo電子書籍ストア  ビジネスマンのための「解決力」養成講座 こうすれば、「打つ手」はすぐに見えてくる

筆者の小宮一慶氏は経営コンサルタントで日頃から問題解決を行っているらしく、普段どんなふうに問題解決を行っているかということを交えながら初歩的な問題解決の方法を解説した本という感じです。

問題解決には既存のフレームワークを活用

以前、勝間和代氏の勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践を読んで、なるほど、ビジネスには、フレームワーク力が必要なんだな、と思ったのですが・・・

本書でも、再び出てきました、フレームワーク。

ビジネスをしていく上で、やはりフレームワークを活用する、というのは、大事なポイントのようです。

読書が、ほかの人が体験した体験を効率よく追体験する方法であるなら、フレームワークの活用は、先人が残した解決手法を使って効率よく問題を解決していくことなのでしょうか。

正直、フレームワークについては、本とか読み始めたばかりで、今ひとつ実感がともなってきません。

普段、それほどフレームワークを使わなくてもいい現状であるからかもしれません。

が、どうやら、ビジネスをすすめていく上では、フレームワーク力があるのとないのとでは、格段に効率が違ってくるようです。

さらに、何か良書を見つけて、フレームワーク力をなんとか身につけたいと思います。

緊急度と重要度のマトリクス

本書の中で、ビジネスマンでなくても活用できると思ったのが、「緊急度と重要度のマトリクス」です。

たとえ専業主婦であったとしても、様々な問題は生じてきますから、そんな時は、何から手をつければよいのか、本書で解説されている「緊急度と重要度のマトリクス」が活用できると思いました。

レバレッジ・メモを作ろうと思ったのですが、ほぼ丸写しになりそうで、作りませんでした。

繰り返し、本書を読もうと思います。

楽天Kobo電子書籍ストア  ビジネスマンのための「解決力」養成講座 こうすれば、「打つ手」はすぐに見えてくる