前から読んでみたかったホリエモンの「刑務所なう。」が、koboで配信されてたので、買いました。中身はというと、堀江貴文氏の刑務所日記です。

長野刑務所に収監され、どんな暮らしをしているか、という本当に日記な内容ですが、読んでみたいと思わせるところが、ホリエモンだなあ、と。

刑務所の生活をマンガにしたコーナーもあって、それもおもしろかった!

そういえば、ホリエモンの刑期は確か2年6ヶ月くらいだから、今年は出所できるのではないでしょうか。

また、出所後は、おもしろいことをやってくれるのではないか、と期待しています。

刑務所なう。、おもしろかったです。ホリエモンファンはぜひ!