やりくりへたっぴな管理人のたからにゃです。

消費・投資・浪費
収入の10%は貯蓄に!

などと、知識だけはありますが、ではそれを実際の家計運用に生かせているかというと、どうもそんな気がしない。

家計簿は結婚当初から、もう十数年つけていますが、家計簿をつけたモノを見ても、それがイメージとして、頭の中でつながらない。結果として、家計管理が微妙・・・・というのが、今までのわたしでした。

家計ルールを家計簿に取り入れると?

がしかし、昨日、わたくしは、大幅に進化しました!!

えへん!

この本を読んで、そのルールをエクセルで作っている家計簿の集計表に落とし込むことで、やっと我が家の家計の全貌と問題点が見えてきたぜ!

購入はこちら  自動的にお金が貯まる習慣

うーむ、ルールを知って集計すると、こんなに違うものなのか!!目からうろこです。

まず、賃貸料金、高いかなと思ったけど、単独ならちゃんと範囲内におさまっていた。

保険料が手取り収入の10%超えてる、かけすぎ。

こどもへの仕送りを固定費に入れたけど、これがやっぱり家計を圧迫している。

そして、我が家の最大の問題は、やりくり費だった。

やりくり費を今の半分にする必要がある、ということがわかりもうした・・・・

げろげろー。

固定費ばっかり見てたけど、敵はやりくり費だった。

食費とか、かかりすぎ。

レジャーや交際費にお金かかりすぎ!

やっと、方向性がわかり、家計のイメージができたので、今年は、家計をびしばし見直すことにします。

この本、めっちゃ役に立ちました。

おすすめです。