わたしのミッション

わたしはレビューサイトを複数運営しています。昔から雑誌のモニターに応募してレポートを書くのが好きで、それがそのままwebに移行しちゃった感じです。

それを突き詰めていって考えた自分のミッションは、

ヒトとモノとの幸せな出会いをプロデュースする

というものです。

ただし、最近のわたしの基本スタンスは、今ブームの断捨離なので、不要なモノは持たなくていいと、思っています。

だから、出会いをプロデュースと言っても、なんでもかんでもご紹介というのではなく、良いものを必要な人へ。

それが、過不足なく出来たらいいな、と思っています。

モノに価値を見いだす

どうやっても箸にも棒にもかからない商品もたまにありますが、たいていの商品は、ある人にとっては意味があるけど、ある人にとっては役に立たない。そういうものだと思います。

誰にとって、どんな価値があるのか?

それを見いだしていくことが、わたしの使命なんじゃないかな、と最近は思います。

そして、こういう人には、この商品のこの部分が使えて、この機能が意味がある、と情報発信していくには、なにものにも囚われない価値観、自由自在な視点というのが必要なのかなあ、と。

そして、そうしたわたしという色を、切り口をつけた情報発信に価値を認めていただけることが、収入につながるのではないか、そういう気がしています。

では、いったいどうやって価値を見つけるのか?

そうはいっても、ではいったいどうやって、その切り口なり、価値なりを見つけていくのか、と悩んだ時におすすめなのが、この1冊!

藤村正宏さんの『安売りするな!「価値」を売れ!』です。

購入はこちら  安売りするな!「価値」を売れ!

藤村さんの本は、「「モノ」を売るな!「体験」を売れ!」という本を読んでから、大変参考にさせていただいています。

この本を読んでから、レビューをする時に、モノについて語るのではなく、体験について語ろうと、いつも心がけています。

今回の価値を売れ!では、

売るべき価値とはなんなのか?
また、それをどうやって見つけるのか?
ゆるやかな関係性。
選んでもらう理由。

などについて書かれています。

いずれも、レビューをする時には、大変重要なポイントばかりです。

レビューにおいて、商品のスペックを語るだけなら、意外と簡単です。

難しいのは、どうやって、その商品に価値を見いだし、その価値を必要な人に届けるか、です。

その答えに対するヒントが、本書にはあちこちにあるように感じました。

マーケティングにたずさわっている方、お店をされている方、レビューを書いている方、ピンと来るモノがあったら、是非読んで見てください。

おすすめです。