千田琢哉さんの本を2冊読みました。その2冊を読んで見えてきたことは・・・?

あなたが落ちぶれたとき手を差しのべてくれる人は、友人ではない|千田琢哉

タイトルの「あなたが落ちぶれたとき手を差しのべてくれる人は、友人ではない」ということばが気になって、手に取ったけど、一番心に響いたのはこれ。

顧客があなたに求めているのは知識をひけらかすことではない

圧倒的な知識がある人は、それら全てを伝えるのは到底不可能だとわかっている。
だから選りすぐりの必要最小限のキーワードを投げかけることによって、顧客自ら気づいてもらうように働きかけている。

そして、もっとも重要な部分。

「伝える」ための言葉でなく「気づいてもらう」言葉を探し抜く

※以上引用p88-89

深い、実に深い。

そう思いませんか。

「気づいてもらう」言葉、そうか!

不器用でも愛される「自分ブランド」を磨く50の言葉|千田琢哉

そして、もう一冊読んだ『不器用でも愛される「自分ブランド」を磨く50の言葉』にもこんな部分が。

「ひと言」で説明できるようになるのが、プロの準備だ。

つまり、上と同じ視点なんだけど・・・。

膨大な資料をそろえたのは悪いことではないが、それを相手に押しつけてはいけない。
100揃えた膨大な資料の内、上澄みの1を残して99を捨てる作業が抜けていたのだ。
せっかく準備したからと100すべてを説明してしまう人はブランド力のない人だ。

捨てた99があなたのブランドになり、「この人にはまだ何かある」という魅力になる。
「ひと言」で説明できるようになるまで圧縮できることがプロの準備なのだ。

※以上引用p54-55

なんだか耳が痛いですなあ・・・

つまりブログで伝えたいことは・・

このそれぞれの本から抜き出されたふたつの部分、自分がブログの記事を書くときにあてはめてみたら、どうでしょう?

何か見えてくるものがあると思うんですよね。

今まで、手に入れたものは全てはきだそうとしてきたけれど、そうではなくて、上澄みの1%を伝える努力、それがわたしにとって、必要なことなのかもしれないな、と思いました。

本当、千田琢哉さんの本は、気づきが多いわ。