自分の絵でオリジナルファブリックパネルを作る

お絵描きが楽しくてたまらん毎日でございます。もう絵師と名乗ってもいいでしょうか。

お絵描き大好き管理人のたからにゃです、こんにちは。

先日は、オリジナルノートの販売告知をしてしまいましたが、本日は、自分の絵でオリジナルファブリックパネルを作ったレポートです。

オリジナルイラストのノートもいいのですが、これは帳面なので、さすがに飾るわけにはいかないところが、アレでして、やっぱり、自分が描いて気に入った絵は、飾りたいじゃないですか?

わたしの絵は、萌え絵ではなくて、アート系の絵なので、お部屋に飾りやすくはあるんですよね。(と、自分では思っている。)

オリジナルファブリックパネル

ということで、作っちゃいました! 自分の絵のオリジナルファブリックパネル!

利用したのは、ウォールステッカー.comのオリジナルファブリックパネル。

▶ 【写真アップロード】オーダーメイド ファブリックパネル

写真をアップロードして、オリジナルファブリックパネルを作ることができる商品です。

実験を兼ねてトライ!

実はこちら、本来は、「イラストレーター」というソフトウェアで作成したCMYK画像をファブリックパネルにする商品なんですね。

で、わたしがお願いしたかったのは、「クリップスタジオペイントプロ」というソフトウェアによる出力画像でして。わたし、イラレ持ってないんですよ……。フォトショも、持ってない……。でも、なんとかオリジナルパネル作りたい!

ということで、今回は、そのような画像を出力した経験がないということで、お店側の研究も兼ねて、クリップスタジオペイントプロで出力した、RGB画像とCMYK画像の生地を3種類送っていただきました。

クリップスタジオペイントプロで出力した、RGB画像とCMYK画像の生地を3種類

ちょっと見にくいかもしれませんが、まずは、最初に送ったクリップスタジオペイントプロによるRGB画像での出力をいろいろお店側で調整していただいたもの。

clipstudiopaintpro RGBお店調節済み画像でプリント

いろいろ、調整していただきましたが、実は、この画像、普通にプリンターで、紙に印刷しても、発色が難しい絵だったみたいで。よくわかってなかったとはいえ、なんかすみません……。

次に、同じソフトでCMYK形式で自分で調整して出力し直したもの。

clipstudiopaintpro CMYK画像で自分で調節したものでプリント

RGB画像は緑系の色が近かったので、少し青みを強めにしました。

最後に、送信したCMYK画像をお店側が調整して出力してくださったもの。全体的に明るくなっています。

clipstudiopaintpro 送信したCMYK画像お店調節済みでプリント

で、この3つプリントされたものを眺めて、どれで作ろうかと、結構長い期間悩んだんですが、最終的には、自分が送ったCMYK画像お店未調整分でパネルを作成しました。

どうしてそれにしたかというと、RGB画像はちょっと緑が強かったのと、CMYK画像お店調整分は明るくはなっていたけれど、少し白くなりすぎていたため。

最後は、RGB画像(緑っぽい)にするか、未調整CMYK画像(青っぽい)にするかだいぶ悩みましたが、青みが強い方がいいかな、と思って、青っぽい方にしました。

できあがりがこちら。

未調整CMYK画像(青っぽい)

今回作成したのは、Mサイズの20cmパネルです。

ちなみに、元画像をリサイズしたものはこれ。

元画像CMYKリサイズ画像

Mサイズ20cmパネル作成レポート

ファブリックパネルは、完成したものと、組み立てキットとあるのですが、自分で組み立てれば1,000円ほど安いので、組み立てキットを頼みました。

170131hoshiuta-fabric-panel7

作り方はとても簡単です。

まず、印刷された生地の裏から、切り取り線に沿って、ボンドを塗る。

170131hoshiuta-fabric-panel8

パネルと枠用の木を組み立てていきます。

170131hoshiuta-fabric-panel9

すでに切ってあるので、セットに入っているボンドで貼るだけ。

170131hoshiuta-fabric-panel10

生地の裏に塗ったボンドが乾いたら、切り取り線に沿って、切り取り。

170131hoshiuta-fabric-panel11

作った木枠に貼り付けます。

170131hoshiuta-fabric-panel12

貼り付ける時に、どっちの辺を先に折って貼り付けるか、というのが、作成手順書に書いてあるので、それを気をつけること!

できあがりました!

オリジナルファブリックパネル組み立て完成!

20cmだと大きいから歪んだらどうしようと、若干不安でしたが、なんとかいい感じに仕上がりました!

オリジナルファブリックパネルまとめ

ということで、こんな感じで、普段パソコンでお仕事しているコーナーに飾っています。

170131hoshiuta-fabric-panel16

パネルの向かって右隣に貼ってあるのは、自分のイラストで作った貼ってはがせるウォールステッカー。パソコンの壁紙は、自分で描いた絵。(写真はイメージ画像ですよ。デスクトップにアイコンいろいろあるので。)

飾りまくりww

このパネルを飾っている場所は、季節によって、パネルを掛け替えて楽しんでいます。

クリスマスとか~。

クリスマスのファブリックパネル

お正月とか。

お正月のファブリックパネル

その前は、ハワイのホヌを飾ってましたが。

ホヌのファブリックパネル

今は、自分の絵を飾っています。

今までは、15cmパネルを飾っていて、それをひっかけるための、はってはがせるフックをはってあるのですが。これですね。

パネルをひっかけるフック

20cmパネルもそのフックをそのまま使って飾っています。

このファブリックパネルって、20cm自作だと、税抜き3980円なんですが、15cm自作だと、税抜き1980円と、ぐっとお求めやすい価格になるんですよね。

今回は、ちょっと大きいのを作ってみましたが、今度はまたSサイズの15cmで、別のイラストでパネルを作ってみようと思います。

RGB画像と発色

また、お願いする画像については、お店の方のお話だと、画面の色に近くしたい場合はRGBでいいらしいのですが、それでも画面との色に違いは出ますということです。

これは、もう印刷あるあるなんではないでしょうか。

プロの人が商品として製作する場合は、そこまで厳密にいろいろ注文したいんだと思うのですが、わたしの場合、まだ、自分のイラストがパネルになって嬉しい、というレベルなので、多少の色の違いは、そんなに気にならなかったりします。

毎日、自分のイラストがパネルになったのを見て、ニヤニヤしています。

あ、そうそう、なんでも、発色がいい新しい生地を研究中らしいです。

楽しみだなあ☆

ということで、また、いいのが描けたら、パネルにしようと思います。

そんで、何枚か作って、掛け替えて楽しむんだぜ。ふふふふふ。

掛ける場所、増やそうかしら。

ということで、興味のある方は、オリジナルファブリックパネル、ぜひ、チェックされてみてくださいね!

オリジナルファブリックパネルを飾ろう!

作成はこちら ▶ 【写真アップロード】オーダーメイド ファブリックパネル