荻原博子さんの「将来、お金に困らない自分年金をつくる本」という本を読みましたが、大変参考になりました。

資金運用の本や、金融関係の本はできるだけ新しい本を読まなくては意味がありません。というのも、時代がめまぐるしく変わっているので、少し前にOKだったことがNGになっていたりするからです。

本書は2012年6月に発行された、老後の資金作りの本です。

管理人は今40代半ばで、第一子が大学に進学し、まさに、金銭的には一番苦しい時期に突入しました。その意識で本書を読むと、なるほど、そうなのか、と納得できる話しがたくさん。

  • この保険は今から入るのはやめましょう
  • 定年という区切りを捨てる
  • 40代、こどもが中学生以上のマネープラン

などなど。

いろいろ参考になりました。

特に、自営業者は繰り下げ受給で年金額をアップできる、という話しなどは、思わずがっつり読んでしまいました。

先行き不透明なこの時代ですが、情報を最新に更新して、効率的に老後資金をためていきましょう。

古い情報を頼りにしていると、思わぬ落とし穴があるかもしれません・・・