作品を手軽に持ち運べるイラスト集

自分のイラストの作品集を作りまくっております。またまた作りました。

今回のコンセプトは、自分の作品を手軽に持ち運べるイラスト集!

CDサイズのイラスト集

CDサイズで50ページなのに、厚さわずか6mm。

バッグに放り込んでおけば、クライアントさんだろうが、友人・知人だろうが、「どんな絵を描いているの?」と聞かれたら、すかさずこれを出してアピールできる、というのが出来ますな。

サイトを作ってあるなら、自分のスマホを見せるのもありですが、場合によっては通信料が気になる場合もあるでしょう。

その点、アナログなフォトブックならお手軽です。

50ページくらいでしたら、ぱらぱらっとすぐ見ることができますので、お手軽だと思いました。

手軽に持ち運べるイラスト作品集

ちなみに、わたくしこのフォトブックはモニターで作ったのですが、本当は100ページのものを作ろうと思ってたんですよね。

お絵描きを始めてから、自分が描いたものをかき集めれば、100枚くらいは絵はあったのですが……。

クロッキーやデッサンを練習する前の絵は、いざ作品集を作ろうと思って見てみると、ちょっと自分的に、これが今のわたしの作品です、と見せるには、へたくそで恥ずかしいな、と思ってしまったので、ごっそり半分、主に最初の頃の絵を省きました。

絵を描き始めて数ヶ月で、ぐんぐん成長した実感が自分でもあるので、絵を見る目が肥えちゃったんでしょうね。

作品集もいろいろな種類があると思いますが、コンプリートして自分で楽しむための作品集なら、始めた頃の絵も入れて、ああ、こんなの描いてたな、って楽しむのはいいと思うんですよ。

ただ、今回作りたかったイラスト集は、「どんな絵を描いてるの?」と聞かれた時に、誰かに見せるための作品集を作りたかったので、今の自分の絵に焦点を当てたセレクトになりました。

鉛筆の線の濃さとか

何回か、マイブックでイラスト集を作っていますが、今回は、画材をいくつか変えたものを収録してみました。

製作プレビューをパソコンで見ると、それほど違いはわからないのですが、実際に印刷されると違いがあるので、それについて書いてみますね。

まず、こちらは、普通のコピー用紙に、濃いめの鉛筆で描いたものです。多分4Bの鉛筆で描いた気がします。

鉛筆で描いた時、このパターンは鉛筆の線が比較的綺麗に出る気がします。

コピー用紙に鉛筆

この女の人の絵も、コピー用紙に4B鉛筆だったと思います。

コピー用紙に鉛筆その2

一方、スケッチブックに鉛筆で描いたものは、同じ濃い鉛筆で描いても、若干印刷時に線が薄くなるようです。

スケッチブックに濃い鉛筆

おそらく、スケッチブックのでこぼこをスキャン時に拾ってしまうため、それを緩和するように、自動的にレタッチでもかかっているような印象を受けます。

スキャンするには、絵が大きいため、携帯で撮影した画像はもやっとした感じに。

携帯撮影画像

これは、すでに撮影した画像がもやっとしてイマイチなので、元の画像が悪かったですね。

わがやのスキャナはA4までしかスキャンできないので、それまでのサイズの絵を描くか、大きいサイズのスキャナが存在するのなら、それを手に入れるかどちらかですね。

それか、絵を綺麗に撮影する技術を身につけるか。

コピー用紙に描いたボールペン画は2枚収録しましたが、これは、さすがに綺麗に印刷されていると思いました。

コピー用紙にボールペン

ちなみに、なんでコピー用紙かというと、練習とか、遊びでコピー用紙になんとなく描き始めて、出来上がってみたら、あら、これいいじゃない? というのを、作品に格上げしているからです。

コピー用紙にボールペン2

使用したテンプレート

使ったテンプレートは、表裏の表紙だけテンプレートを使いました。

「アウトドア(正方形)」というテンプレートです。

こちらのテンプレートのページで、2016年9月現在人気ランキング3位にランクインしていますね。

▶ マイブックのテンプレート

これの、縦の帯を横に倒しました。

シンプルな表紙

あと、不要な装飾は外してシンプルに。

裏はこんな感じ。

作品集の裏

背表紙のタイトルと作品集の厚み

ソフトカバータイプは、テンプレートデフォルトでは背表紙のタイトルが設定されていませんでした。ソフトカバーだと、ページ数によってはかなり薄くなりますので、タイトルを入れるだけの幅がものによっては、確保できないですよね。

こちら、サイズは違いますが、全部ARTシリーズソフトカバーの作品集です。一番右は今回作ったもの、それ以外は以前作ったものです。

作品集の厚み

左から10ページ、20ページ、50ページとなっています。

作品集の厚みその2

今回は、50ページだと6mmあるため、背表紙のタイトルもつけられるかなと思って、つけてみました。

背表紙にタイトルを入れてみた

あと、10ページのソフトカバーだと、薄いので折れそうですが、50ページだと折れる心配はなさそうです。

中の台紙はブルー系

中は、台紙でマーブルっぽいデザインのものが何色かありますので、今回はブルー系を使ってみました。

中の台紙は青

外のテンプレートが茶色系で、中が青だったので、作った後で、色を統一した方が良かったかなと思いましたが、まあ、細かいことは気にしないw

ベージュ系の台紙もあるので、そちらを使うと、色も揃って統一感があると思います。

あとは、そこに、一枚ずつページにおさまるように、画像を置いていくだけです。

お気に入りの一枚

作品集をギャラリーで公開

ちなみに、マイブックでは、自分が作った作品集を、一定期間ギャラリーで公開することもできます。

わたしが作った作品集はこちらで公開されています。「たからにゃ」で検索すると2冊ヒットしますが、茶色い線が横向きに入っているものが、今回作成して、公開したものです。

注文する時に公開するかしないか選択できますので、選んでくださいね。

ちなみに、わたしは最後のページをこんな感じに☆

作品集で宣伝

イラストを投稿しているnoteのわたしのアカウントを宣伝しています☆

▶ たからにゃ|note

自分の作品をアピールする機会は無駄にしないように!

今はデジタルに移行後、カラーイラストを続々投稿して、さらにパワーアップしていますので、イケメンや宇宙の絵に興味がある方は、ぜひチェックしてみてくださいね☆

また、作品集作らないとね! ふふふふふ☆

CDサイズ50ページ作品集まとめ

ということで、今回CDサイズの作品集を作ってみましたが、かなりの満足感がありました。また、リピートしたい感じ!

わたしはモニターで作ったのですが、ARTシリーズの中でもこのソフトカバーCDサイズは比較的お値段安めなので、コスパ的に嬉しい印象。

持ち運びするにも、以前作った10ページだと、折れそうで不安がありましたが、50ページの厚さなら、バッグの中に入れておいても大丈夫かな、と思いました。

コンパクトなので、あまり邪魔にならずに、机の中などに入れておいてもいいですね。ケースがついてるのも嬉しいですね。

ケースつき作品集

たまに取り出して、ニヤニヤしながら見ています。

嬉しいんですよね、自分の作品集って。

いっぱい描いたなー。
このモチーフ好きなんだよなあ。
上達したなあ。

って、見るたびにいろいろ思いましてね。

この気持ちは作ってみるとわかるので、まだ作ってない方は、ぜひ一度、自分の作品集、作ってみてはいかがでしょうか。

今回作った作品集はマイブックのART-SCソフトカバータイプのCDサイズで作っています。

お値段やサイズの詳細はこちらのサイトで確認してくださいね。

▶ MyBookARTソフトカバー