普通のサラリーマンが破産する

タイトルが気になって読むことにしました。

藤川太さんの「サラリーマンは2度破産する」。2006年発行の本ですが、大変参考になりました。

冒頭で平均的なモデルケース、35歳、年収700万の富山さんの一生をシミュレーション。

年収700万というと、同じ世代の平均からすると高額な給与のはずですが、シミュレーションでは、47歳-59歳と、65歳以降の一生に二回破産の危機に直面します。

とても人ごととは思えませんです。はい。

ライフプランを作る

それを防ぐために、本書ですすめられているのは、ライフプランを作ることです。

家族全員のライフイベントを書きだし、いつどんなイベントがあり、どれだけお金が必要かということをしっかりと認識するのです。

それを踏まえて、必要なお金を貯蓄や投資でためていく。

漫然と貯蓄するより、目標があった方が、貯蓄の成功率は高いそうです。

我が家も、今、こどもが大学へ進学したばかりですが、引っ越しも重なり、思いのほか、出費がかさみ、大変苦労しています。

3年後にはもう一人大学進学を希望しているこどもがいますので、いったいどうなるのか、と不安もあります。

ライフプランとか、長期計画は苦手なのですが、さすがに、長期計画は必要だな、と思い知りました。

また、あとでライフプランを作ってみようと思います。

家計を見直したいサラリーマンの方におすすめです。