電子書籍端末わたしの今までの利用経緯

わたし、もともと本を読むのは大好きで、電子書籍も2012年に電子ペーパーの端末を買い、その後2013年だったかな、2代目の電子ペーパー端末を購入しました。

わたしが、電子書籍端末を買う時に、電子ペーパー端末を買ったのは、目に優しいから、という理由だったのですが、実際使ってみると、結構挙動がもっさりしています。

で、わたし、読むスピード速いんですよ。

資料などは、不要な部分は結構なスピードで読み飛ばしたい人なんですが、電子ペーパーだともっさり。

ということで、だんだん使わなくなっちゃいました。

いくら目に優しくても、わたしの思考速度についてこれないといらっとするんですよね。

では、代わりに何を使ったかというと、iPhoneに電子書籍アプリを入れて、読んでいました。

だけどね、やっぱりiPhoneじゃあ、画面が小さい。

これは、さすがに目が疲れる。しかも、わたし老眼だしね。目がしょぼしょぼするんだよ。

そして、以前使っていた端末の電子書籍のアプリは、よくフリーズしてたorz 特にハイライトしてたら……

読書していて、思考が中断されるのが、なによりつらいので、新しいタブレット端末欲しいなあ、今度は電子ペーパーじゃないやつ、と思っていたところ、amazonがプライム会員向けにkindle端末の安売りをしょっちゅうしているのを見かけて、しばらく前についに買ってしまった、というのが実情です。

amazonプライム会員なら激安

amazonのkindle端末はプライム会員なら、かなり値引きがされて激安です。

わたしが購入したのは、「Fire タブレット 8GB、ブラック」。

4000円割引きがあるので、元値\8980円から値引きして\4980円。そこからさらにギフト件やらポイントやらを追加して、本体に実質払ったのは、¥ 3,290円。

結局あとで、保証とカバーは、別にお金出してつけたのですが。

でもまあ、タブレット端末をこの値段でゲットできたのは、助かるなーと。

amazonプライム会員ならkinldeオーナーライブライリー毎月無料で1冊読める

kinlde端末を買う時に、購入するあと押しになってたのは、kindle端末を持っていると、プライム会員だと毎月1冊書籍が無料で読めるというKindleオーナーライブラリーの特典です。

なんせ、毎月の書籍代が2万、3万行ってますので、1冊でも無料で読めるならありがたい。

この無料本を選ぶのもコツがあります。

kindle端末には、無料本は1冊しか入れることができません。ほかの無料本を買いたい時は、利用を解除しなくてはなりません。

なので、わたしは次のようなルールを課しています。

1 作家買いする人の無料本は買わない。どうせ買うから。
2 どう見ても良さそうな本は利用しない。どうせ買うから。
3 安い本は利用しない。利用してもありがたみがないから。

で、この3つのルールから行きますと、kindleオーナーライブラリーで買ってわたしが得したと思う本は、

「読んでみたいけど、中身があたりかはずれかわからない」
なおかつ
「値段が高い本」

です。

毎月、値段が高い本の中で、おもしろそうな本を選んで利用しています。

おもしろかったら、自分で買い足しますし、はずれだったら、ああ、お金払わなくて良かったなーって思えるというね。

100円とか200円の本なら、買ってみてはずれでも、まあはずれだったな、と思うだけですが、さすがに1000円越えの本がおもしろくなかったら、るるるるるーってなっちゃうので。

わたしは、そうやって選んでいます。

kindleだとさくさく買ってさくさく読める

ということで、わたし、今ではすっかり、電子書籍はKindle派に!ww

購入も速やかですし、使っているFire8GB端末なら、ページ送りもじゅうぶん思考速度についてきてくれます。

さらに、ハイライトも、さくさく入れることができる。

これが嬉しい。

ハイライトを駆使

電子書籍で何が嬉しいって、このハイライトですよ。

最近、人工知能関係の本をまとめ読みしたのですが、紙本は読むのに疲れませんが、付箋はって、メモ化するというのが結構大変です。

3冊くらいメモ化したけど、挫折しましたww

その点、kindle Fireなら、一回目はまずハイライトをつけながら読みます。次に2回、3回読む時は、読むたびに重要だと思う部分のハイライトの色を変えていけば、重要部分がより明確になってきます。

あとで、あれどこに書いてあったっけ、と思って探す時にも、便利です。

なにより、たくさん本を読んでも、本棚の本が増えないのは嬉しいですね。

人工知能の調べ物をする時に十数冊本を購入しましたが、そのうち紙の本は3-4冊で、残りは全部電子書籍で買いました。本棚のスペースはかなり減らしているので、本当に助かります。

クラウドとの行き来もストレスない

読み終わって、あまり必要ないと思う本は、端末から消して、クラウドにだけ置いていますが、クラウドから落としてくる時も、さほどストレスを感じないですね。

外出時はiphoneだったり端末だったり

外出する時、以前は紙の本を数冊持って行っていましたが、すき間時間がたくさんありそうで荷物に余裕がある時は、kindle端末を持っていきます。

外で書籍をダウンロードできるかどうかはまだ試してないんですが、常に数冊は、読みたい本が端末に入っているので、ダウンロードしなくても不自由しない、という感じ?

基本読書専用端末

マルチに使うために、タブレット端末が欲しいという方もおられるかもしれませんが、わたしは、kindle fire 8GBは、基本読書専用端末です。

一日2冊、3冊くらい読むこともあり、こまめに充電しています。

基本、使わない時は、電源を落としています。

ほぼほぼ家にいるので、ネットはパソコンでしますし、出かけた時のもろもろは、iphoneでこなします。

わたしはkindle fire を読書専用端末にしているので、読書以外のほかの用途にも使いたいという方には、マルチな使い方はどうなのかはよくわかりません。

ただ、資料などで大量に本を読む方には、おすすめだと思います。

電子書籍なら本をたくさん買ってもじゃまにならないし、ザッピングして読むのにkindle fireは重宝しています。

kindleオーナーライブラリーで毎月1冊無料で本が利用できるのも、1000円台の書籍を利用すれば、4か月も使えば元がとれるし。

あと、資料だけでなく、マンガや小説も最近は電子書籍で購入しています。これこそ、読み終わってクラウドに置いておけるのが、本当に助かります。

手軽に買えて、手軽に読めるので、どんどん読書量が増えて、書籍代がやばいですww

目に優しいということで、電子ペーパー端末を以前は使っていましたが、iphoneに慣れちゃった身としては、もっさり感に堪えられず……。

結局液晶のタブレット端末に以降してますが、iphoneのkindleアプリで読むと目がしょぼしょぼしますが、タブレット端末だと字が大きくできるので、楽です。←老眼ww

電子ペーパーの方が目に優しいというのは、結局体感ではよくわかりませんでしたね。今はもう液晶端末に慣れちゃった。

ということで、読書好きな方、KindleFire端末おすすめです。