自分に課題を出した

時は少し遡りますが、13回目のコーチングを受けた9月に、わたしは、自分のゴールに関連して、とある課題を設定していました。

9月中に課題をやり遂げることができれば、わたしは本気。もし、出来なければ、気分に酔ってるだけ。

結果的には、なんとかクリアできたので、本気だと思いました。

夢に本気ですから!

まあ、それをやり遂げれた時の多幸感と来たら、半端なかったです。スキップして、空でも飛びそうなくらいでした。

これで一つタネをまいたことになります。

専門家の手助けが必要

と、同時に、ゴールは決まったものの、そこへたどり着くために、コーチングのコーチ以外の専門家の手助けが必要だ、ということも感じました。

なんというか、技術職的な手助け?

しかし、物事がうまく回っている時にはうまく回るもので、うまい具合に先生が見つかったので、教えていただくことになりました。

これが引き寄せの術ですかねえ。

コーチング体験14回目

ということで、14回目のコーチングのセッションを10月中旬に受けました。そこでは、前回からの進捗状況の報告をしました。

9月中と決めた自分の課題をやり遂げれたこと。

専門家の先生を見つけたこと。

ただ、前へ進めば進むほど、自分の自信がなくなっていったり、当初の想いを忘れかけて、早くも道に迷ったりしていたので、そのあたりを聞いてもらって、再度自分を見つめ直し、自分を取り戻した感じです。

自分を見つめて取り戻す

そして、次の課題を設定したことを報告。

ぐるぐるした時にコーチング

わたしは、すでにはっきりとした目標を見つけました。

なので、それを具体的に進めていくのは、専門家の先生に師事して進めていくつもりです。

ただ、メンタル面でどうしても、ぐるぐるすることがあるので、自分と深く対話したくなった時に、コーチングを利用する、というスタイルにしています。

そうすると、すっきりして、霧が晴れて、目標に向かってまた歩き始めることができる。

別に、いけー!やれー!って、イケイケドンドンで励ましてもらうとかではないですよ。

コーチとじっくり話しをして、コーチに鏡になってもらって、自分を見つめているうちに、自分で納得のいく答えが出てくる感じです。

まずはコーチングで自分を見つめよう

40代なのに、自分が何をやりたいかわからない。そんな人は結構たくさんいるんじゃないかと思います。

そう思った時に、先送りにしてしまうか、自分をきちんと見つめてみるのか、それでその後の人生が変わってくるのかもしれませんね。

40代ともなれば、そろそろ、人生の折り返し地点を感じます。わたしは、人生を終える時に、あれをやっておけばよかったと、後悔したくない。

やるのは自分、コーチは手助け

だから、コーチングで自分を見つめ、自分が本当にやりたいことはなんなのかを突き止め、それに向かって歩き始めることにしました。

正直、怖いです。

何をやってるんだろう、と思う時もあります。

収入も下がってます。

でも、わたしはこれをやらないと、きっと後悔する。

だから、やるんです。

人生は一度しかないんだから。

でも・・・始めたばかりで、失敗して恥ずかしさにのたうち回ること多数ですが、それでも自分が心底やりたいと思うことをやるのは楽しいです。幸せです。

のたうち回ってることすら新鮮ですw こんな感じ、久しぶりだ。

コーチング受けて、よかったな。

自分が何をやりたいのかわからない人は、わたしがしているコーチングでお試し価格での体験がありますので、興味があったらどうぞ。

ただし、コーチはあなたの鏡です。

コーチが教えてくれるわけじゃない。

あなた自身が、真剣に自分が何をしたいのか、自分に問うてください。コーチはそれを手助けしてくれます。

わたしが受けている越智孝之コーチのコーチングはこちらのサイトから申し込みできます。
詳細はこちら ▶ こころの境界線らぼ

初回お試し+有料14回目までの成果:タネを一つまきました。ゴールに関連する専門家の先生に師事しました。ちょっと迷子になってたのをコーチと話しをして解消できました。

▶ 前回の記事:コーチングからうまれたモノ【コーチング体験12・13回目】
▶ コーチング体験を最初から読む
▶ コーチング関連記事を全部見る