本音でシンプルに生きる!書評

千田琢哉さんの本がおもしろいので、全巻制覇をめざしている管理人です。

しかし、刊行ペースが半端ないですね。

さて、今回買ってみたのは、2012年5月発刊の「本音でシンプルに生きる!」です。

ちょうどお昼時だったので、そのままマックでお昼して、のんびりコーヒーを飲みながら読みました。

内容は、

  1. 自分を伸ばすために
  2. 揺ぎ無い自信を身につけるために
  3. 正しい見識を身につけるために
  4. プロの時間管理力を身につけるために
  5. 賢者の読書力を身につけるために
  6. 大人の人間関係を身につけるために
  7. 後悔しない人生を送るために

の7章からなっています。

例によって、見開き一ページで一つの気づきになっているので、大変読みやすいのが特徴です。

割とさっくり読めますので、一通り読んだあとは、本棚に置いておいて、折に触れ、取り出して眺めてみるのがいいと思います。

ほかの本で読んだ覚えのある気づきもありましたが、初めて見るものもありました。

情報共有化は、煙たがられて一人前

今回良かったなと思ったのは、この気づき。

「情報共有化は、煙たがられて一人前」

なるほどなあ。

わたしも家庭でこれをやりすぎたところ、こどもから、「お母さんうざい!」と言われてしまいましたorz

お前、そんなんじゃ社会へ出てから苦労するんだからね!

と、思いつつ、家庭と会社とではいろいろ違いますね。

前途多難です。