大久保一彦さんの『この「気づき」で売上げがガンガン上がった!』という文庫本が、本屋で手にとったらおもしろくて、続きを読みたくて、買ってしまいました。

本書は主に飲食店における著者の体験を中心に、いろいろな気づきが満載された本です。

そして、見る人が見れば、その気づきは、飲食店だけのものではなく、様々な業種に応用できるものだ、ということがわかると思います。

中でも、おもしろいなと思ったエピソードをピックアップしますと、

  • 「普及の時代」と「選択の時代」
  • プラス提供商品よりマイナス回避商品
  • 敷居を下げてみせる
  • お客様の利用頻度をコントロールする
  • 一生に一度のインパクト商品
  • あなたを効率よく印象づけるシンボル
  • ポイントカードのあっと驚く使い方
  • さぼてんのすごい従業員の話
  • 好天を耕せ

どうですか?

おっ!これはちょっとおもしろそう!どういう意味だ?というのがありませんでしたか?

あれっ?と思ったら、是非本書を読んでみてください。

基本飲食店向けに書かれていますが、聡明なる読者の方であれば、ひとひねり、ふたひねりくらいすれば、ご自分の業界にも応用できると思います。

おすすめです。