時は金なり

和田秀樹さんの『「忙しい」「時間がない」をやめる9つの習慣』という本を読みました。本屋で見かけて手に取っておもしろそうだなと思ったのですが、買わずに家に帰ってしまい、やっぱり読みたい!と翌日買いに行った本です。

ああ、その時すぐに買っていれば・・・時間がもったいなかったですね。

さて、この世の中で皆に平等にあるもの、それが時間です。

お金持ちでない人は、自分の時間を切り売りして、お金に換えています。

そして、お金持ちの人は、お金で他人の時間を買って、自分の時間を実質的に増やしています。

つまり、お金持ちの人ほど、時間の大切さというのを、切実に理解しているように思います。

つまり、「時は金なり」です。

時間を余すことなく使い切っている著者の時間術

さて、本書の著者和田秀樹さんは、医師、大学教授、経営者、作家、そして映画監督と、いくつもの職業をこなしている方です。

いったいそれだけのたくさんのやりたいことをするために、どうやって時間を捻出しているのか、ということが本書には書かれています。

いちいち納得して、うなずける内容ばかりです。

時間の大切さに気づこう

わたしたちは、時々目の前のお金の安さにつられて、大事な時間を浪費してしまうことがあります。

たとえば、10円でも20円でも安いものを、と思いスーパーをはしごしたりすることもあるかもしれません。

しかし、あなたの大事な時間を費やしてそれをやる価値があるのでしょうか?

わたしは、スーパーのちらしをチェックすることはしません。チェックする時間がもったいないからです。チェックする時間があれば、ブログ記事の一本でも二本でも書いた方が、結果的には人生に満足できると思うのです。

役に立ちそうなTipsを抜粋

さて、詳細は是非本書を読んで、著者の時間術をゲットしていただきたいと思いますが、特に、管理人がいいなあ、実行しようと思ったことをピックアップしておきます。

  • おもしろくないモノは早々に見切る
  • 家にいる日と外にいる日を分ける
  • セミナーなどでメモをとったら直後に見返して補足する
  • 他人にうまく頼る
  • お金を稼ぐ時間、お金を使う時間を意識する
  • 何時間働こうではなく、この仕事を終わらせようと考える
  • 本は自分が必要なページだけ読む
  • 仕事ができるようになるには、性格をよくする
  • 自分をコントロールできない時間の読めない遊びはしない
  • 時間効率を考えるなら先行投資して基礎を固める

これだけ実行できれば、わたしの時間はどんどん増えますよ☆

実際、おもしろくない本は最近見切るようになって、本書を読んでそれがすすめられていたので、驚いたところです。

皆さんも是非本書を読んで、時間の上手な使い方をマスターしてください!

おすすめです。