ブルーオーシャンを狙え!

わたしは不動産投資には、あまり興味ないのですが、最近賃貸マンションに引っ越したので、マンションというものに興味があり、書店でなんとなく手に取ったらおもしろかったので、つい買ってしまいました。

中村一晴さんの「アパート投資で成功したいなら誰も買わない空き室ボロ物件を狙いなさい」という本です。

書いてあることは、はしょっていうと、つまり不動産投資といえども、レッドオーシャンではなく、ブルーオーシャンを狙いなさいよ、とそういうことだと思います。

ボロ物件を狙い満室にする

本書は大家さんになりたい人のための本です。

で、どのあたりがブルーオーシャンなのかというと、誰も買わないぼろ物件を買う、ということのようです。ただし、ボロ物件もボロならオールOKというのではなく、一見ぼろいけど磨けば光る物件、ということろがミソですね。

本書は、いかに磨けば光るボロ物件を安く買い、いかに満室にするか、ということについて書かれたものです。読んでいて、なるほどこういうところに目をつけるのか、と大変参考になりました。

満室にしたい大家さん向け

と、言っても、管理人はサイトのおもりをするのは苦にはなりませんが、不動産のお守りができるほどフットワークは軽くないので、たぶん自分ではこの投資法はやらないと思いますが・・・。

著者は、サラリーマン時代にもやはり不動産関連の仕事をされており、それなりの人脈やノウハウを持っているからこそ、これだけのことができるのだ、と思います。

いっかいの不動産の知識のないサラリーマンが一念発起して本書に書かれていることをやるなら、それ相応の覚悟と勉強と努力が必要だと思います。

ただし、現在空き室で悩んでいる大家さんがおられたら、満室にするためのヒントをもらえるかもしれません。

自分が実践できるかどうかは置いておいて、本としては、大変おもしろかったです。