サラリーマンのやってはいけない!

「サラリーマンがやってはいけない90のリスト」という本を読みました。ランチェスター戦略学会副会長の福田秀人さんという方が書かれた本です。

ちなみに管理人はサラリーマンではありません。昔はお勤めをしていましたが、今は自営の道を模索している所です。

ビジネス書では何何のための、と書かれていても、それ以外の人にも役立つことがけっこう書いてあることが多いのですが、今回はちょっと違うようです。

本書はタイトルに「サラリーマンが」とあるように、サラリーマン向けに書かれた本です。

部下への指導、上司への対応、これらをリストラされないためには、どのようにしていけばよいか、という事が書かれています。

はじめににも書いてありますが、本書のコンセプトは、

賢いサラリーマンとは「やってはいけないこと」をやらないサラリーマン

ということのようです。

そのコンセプトに基づき、90個のやってはいけないことが列挙されています。

もちろん経営者を目指す人にも共通して役立つものもあるのですが、どちらかというとサラリーマンに役立つものが多かったです。

ただ、そこまでしないとこのリストラ時代を生き残れないのか、と少々暗澹たる気持ちにもなりました。

お勤めの方は、読んでみるといいかもしれません。