水野俊哉さんの「幸福の商社・不幸のデパート」という本を読んでみました。

副題が「僕が3億円の借金地獄で見た景色」というものです。

先に水野俊哉さんの「マトリックス図解思考」という本を読んで面白かったので、どんな人なのだろうと思って調べてみたところ、この本がヒットしたので、つい読んでしまいました。

著者は大学卒業後、金融機関勤務を経てベンチャー起業しましたが個人保証を入れていた3億円の負債を抱えて取締役を解任されました。

3億円の負債があるところからどうやって復活したのか、というのが本書のミソです。

著者復活の幸運は、良い弁護士に恵まれたことというのもあるようです。

起業した場合、常に成功すればいいのですが、負債を抱えて倒産ということもあり得ないことではありません。

その時に、知識として負債を抱えてたけどすればいいのかということを知っておいて損はないと思います。

起業を考えている人は、一度読んでみてもいいかもしれません。

お勧めです。