税理士関根俊輔さんの「個人事業と株式会社のメリット・デメリットが全部わかる本」という本を読んでみました。

このご時世、給料もなかなか上がらず、やりたい仕事もできず、いっそのこと起業しようかと考える人も多いかもしれません。

では自分で事業を始めるには、どんな手続きが必要かということが本書には書いてあります。

ちなみに、事業そのものの計画とか始め方についてではないのでその点ご注意を。

あくまでは、個人事業主として事業を始めたり、会社を設立して事業を始める時に、どのような手続きが必要なのか、また、会社と個人では手続き上、どちらがお得なのか、ということについて解説した本です。

漠然と、自分で起業してみたいと思っている方は、本書を読んでみて、実際にどのような手続きが必要なのか、ざっくり理解してみると良いと思います。

また、起業時に、個人事業主が得なのか会社設立が得なのかということ悩んでいる方は、本書でざっくり理解した上で、会社を設立する場合には、それぞれの専門家に相談したほうがよさそうです。

比較的、わかりやすくまとまっていると思います。

オススメです。