勝間和代さん原作の「決算書は「必ず」裏を読め!」と言う本を読んでみました。

本書は、「決算書の暗号を解け!」の漫画本です。


会計の本と聞くと、それだけで拒否反応が出てしまう方も多いと思います。

かくいう管理人にもその1人で、どうも数字が絡んでくると思考停止するんですよね。

管理人は苦手な分野の本を読むときは、漫画本があれば迷わず買います。元々漫画好きなので、とっつきやすくなってわかりやすくなるなら漫画万歳!だと思います。

本書に出てくるキャラクターは女の子も結構可愛いくて、わたし好み。これなら何回も読み返すうちに、会計の事も少しは頭に入ってくるような気がします。

そう、漫画本のいいところは何回でも読み返したくなるというところなんですよね。

会計の本を読まなくてはいけないけれど、本を開くと寝てしまうという方はまずは、こんな漫画本から読んでみてはいかがでしょうか。

結構面白いですよ。