「あらゆる領収書は経費で落とせる」、こんなタイトルをつけられたら、ビジネスマンなら、誰でも読みたくなってしまうのではないでしょうか?

「元国税調査官が明かす実践的な会計術」ということでさっそく読んでみました。

ざっくり言ってしまうと、経費の考え方はこういうことで、極端な話をすると、こういう領収書も考えようによっては経費で落とせますよ、というお話です。果たしてこの通りに、経費の処理をして所轄の税務署が認めてくれるかどうかは、神のみぞ知る、というところでしょう。

むしろわたし的には、無理!絶対無理!ということがたくさん書いてありました。

実践すれば当たって砕け散る人多数、という感じがします。

しかし物事を実践するのと、知識を持っておくというのは、別なことです。

良い事もグレーな事も知っておいた上で良いことを実践する。何がグレーか知らなくては、何が良いことなのかもわかりません。

いいのかグレーなのか、アウトなのか微妙なラインというものを知っておけば、物事を判断するときに、より正確な判断ができるでしょう。

そういった意味では本書は、普段はなかなか話題に上らないグレーなラインを取り扱っているので、知識として読んでみるぶんにはいいと思います。

ただし一般のビジネスマンが本書を実践するのは無理でしょう、というのが正直な実感です。

経営者がどうなのか、というのはわたしは会社経営をしたことがないので、判断できません。経営者の方はご自分で読んで判断してください。

知識の強化と話のタネにどうぞ。

確定申告用に今ならやよいのクラウドタイプがかなりお得に利用できるようになっているし、無料利用期間もダウンロード版より長いので、そちらを試してみるのがいいかもですね。

詳細はこちら ▶ やよいの青色申告 オンライン