あらすじ書評ではなく、書エッセイをかけ

以前、わたくし悩んでおりました。

わたしの書評がつまらないんじゃないか、と。

内容をかいつまんで、ここが良かったと書くだけで、これは書評なのか、と。

学校の授業の作文で書かされた、あらすじコピペ+良かったです作文とどこが違うのか、と。

そして、あれこれ試行錯誤した結果、行き着いたのが、「書エッセイ」です。

この「書エッセイ」というのは、人気ブロガーかん吉さんの本「人気ブログの作り方」に出てくる言葉です。

ちなみに、この本、おとつい発売されて、初日でamazonのコンピュータ・ITのランキングでベストセラー1位に輝いたすごくいい本なので、人気ブログを作りたい人はぜひ読んでみてください。

「書エッセイ」という言葉をかん吉さんの本の中で見つけたとき、「書評」という言葉に違和感をいだいていたわたしは、これだ!!と思いました。

「書エッセイ」は、本の中では、読者さんとのやりとりの中で、若干マイナスな意味で出てきます。

しかし、わたしはこれは、最高の褒め言葉なのではないかと思いました。

書エッセイこそ、一般的な書評ではない書評をブロガーが目指す時にぴったりくるなのではないかと思ったので、今回はわたしが考えてきた「書エッセイ」について書いてみたいと思います。

いわゆる書評を書かなくてはならないという思い込みをはずす

ブログで、これはおもしろい!ぜひほかの人にも読んでほしい、と思った本を紹介するとします。

となると、本の紹介=書評、ということで、本の中身やあらすじについて書く人も多いと思うのですが、その記事は読んでいて、おもしろいのでしょうか?

確かに一度や二度なら、ブログの読者さんも読んでくれるでしょう。

しかし、ずっとそれが続いたらどうでしょう?

もちろん、書評メインで、本に対する目利きの力を求めて、読者の人が読みに来てくれるのなら、それはありかもしれません。

しかし、そんな人気書評ブロガーは少数派なのではないでしょうか?

読者の人は、あなたの目利きをあてにブログを読みに来るのではない限り、無味乾燥なあらすじ書評ばっかり書いていると、だんだんおもしろくなくて、見に来てくれなくなるのではないでしょうか。

では、無味乾燥ではない書評とはどういうものなのか?

そもそも、自由に書いていいはずなのに、本を紹介するとなると、なぜ書評を書いてしまうのか。

あらすじ書評から脱するためにはまず、本を紹介するのに、書評を書かなければならない、本の中身について詳しく書かなくてはならない、という思い込みをはずさなくてはなりません。

究極、本の中身なんて、その本を読んだら書いてあるのです。

大事なのは、あなた自身を語ることです。

最初のステップ:一点集中で深掘りして書く

とは言っても、本について自分自身を語れ、というのはどういうことだ?と思うと思います。

なので、最初にやるといいのは、本の中でまず、自分が最高に感動した、なんかひっかかって気になる、というポイントを探すことです。

最初は何個もやる必要はありません。1箇所でいいです。

そして、その一点を深掘りします。

なぜ、そこにひっかかったのか
なぜ、感動したのか
そこを読んだとき、思い出した自分の過去の体験はなんなのか

そういったことを深く考えます。

そして、今度は、それを踏まえた上で、じゃあ、どうしたいのか、というのを書くのです。

書エッセイというのは、究極のキモは、じゃあ、自分はどうしたいのか、どんな未来を求めるのか、というその一点につきると思います。

それが、あなたがその本から導き出した気づきだからです。

自分自身を書く

これを繰り返して、本の感動ポイント一点深掘りが出来るようになったら、もうあなたは自由に書エッセイを書けるようになっていると思います。

大事なのは、本について書くのではなく、あくまであなた自身について書くこと。

他人軸ではなく、自分軸。

読者の人があなたのブログを読みに来る理由は、あなたというフィルターを通した出力結果を知りたいからです。

そのためには、自分軸でなければならないのです。

大事なのはその本が提供するより良い未来

大事なのは、その本を読んだらどんないいことがあるか、という未来を描くことです。

とにかく本が好きで毎日本読んで、本に囲まれていれば幸せという、わたしのような本好き変態は別として、たいていの人は、なにかしら解決したい問題を心に秘めて、本を読んでいると思います。

であるならば、読者の人が求めているのは、本ではなく、本が提供してくれるよりよい未来なのです。

それは、商品を買うのとなんら変わりはない。

モノを買うという行為は、すべてよりよい未来になったらいいな、という人々の願いを示しているのではないかとわたしは思います。

だから、あなたが示すべきは、その本を読んだら起こるいいことなのです。

その読んだらよくなる未来を描くとき、そこに必要なのは、あなたの自分軸で、あなたの体験に共感してくれる読者の人は、同じように本を読んでも共感する可能性が高く、満足度も高いとわたしは思っています。

書エッセイまとめ

こういう風に思いつつも、気をぬくと、ついうっかりあらすじ書評を書きそうになります。

小中高と学校でそういう教育を受けてきたので、仕方ないかもしれません。

教育の力ってすごいですねw

もしあなたが、

あらすじ書評ではない書評を書きたい
自分が良いと思った本をぜひブログ読者の人にも読んでほしい

と、思ったら、ぜひ書エッセイを書いてみてください。

書エッセイのかん吉さんのKindle本はこちら!この前出たばかり!

人気の出るブログを作りたいブロガーの人は必見です!