わたしは、ずっと疑問に思っていることがあります。

紹介されて、人と会って、みんないったい何を話すんだろう?

ということ。

わたしは元々話しをすることがそんなに得意ではないので、余計にそう思うのかもしれません。

これこれこういう用事があるから会いたい、インタビューしたいから会いたいとかいうのはわかります。

でも、紹介して欲しいと言われたので、紹介してもいいですか、と言われるとわたしは途方にくれるのです。

何を話したらいいんだろう?何をするんだろう??

わたしは、話すより文章書いてる方が楽な人間なので、そんなに話し上手ではありません。

わたしが、書いてる文章と同じように話せると思うのは間違いですw

設問を入力したあと、出力するまでに時間がかかるのです。

いろいろ話したあとで、自分が本当に言いたいことはこういうことだった、というのはよくあることで、だんだん自分は、そういうタイプなんだというのがわかってきました。

だから、わたしからよりよい答えを引きだそうと思ったら、事前に、しばらく前に、これこれこういうことで会いたいと言ってくれた方が良いのです。

そうすると、四六時中それについて考えて、ある日突然、ああ、これだ!という答えが出てきて、その答えを持って、会うことができるでしょう。

というようなことを思っている人間なので、今回の千田さんの本「たった1人との出逢いで人生が変わる人、10000人と出逢っても何も起きない人」は、納得できる内容でした。

わたしは広く浅くな人間関係は苦痛で、どちらかというと狭く深くなので、それはビジネスをする上でどうよ、という気もしていましたが、本書を読んで、まあいいか!とほっとしました。

ということは、本書はわたしにとって、とてもしっくりくる方法がいっぱいのっているということなので、現在のわたしの状況にアレンジして、貪欲にとりこんでいこうと思います。

いつか憧れの人と自然に出逢える日のために。