夢を本気で叶えようとすることと、夢を見ることはちょっと違う。

夢を本気で叶えようとするのは行動がともなうけど、夢を見ているだけの人は行動しない。

でも、ちょっと見、本気でかなえたいのか、夢見ているだけなのか、自分で自分がわからない人も多いだろう。

そんな人におすすめなのが、千田琢哉の「たった2分で、夢を叶える本。」

本当に夢への第一歩を踏み出す気があるのかどうか?

最後の63章を読んで、きっとドキッとするだろう。

本当は、夢を叶えるのが怖いんじゃないの?

わたしはドキッとした。

夢を叶えることを怖がっているというのは、
いざ成功してしまったら
本当に自分はやっていけるのだろうか
という恐怖が心の底にあるということだ。

心の底をずばりと言い当てられたようで、血の気が引く。

見ないように、目をそむけていたことを、目の前に突きつけられた気がした。

その恐怖はすべて正しい。

ああ、この気持ちは間違いじゃないのか。

夢を叶えることよりも、夢を叶え続けることのほうがはるかに大切なことだ。

ああ、そうか。

夢を単発で叶えるのと、夢を叶え続けることは、別物ととらえたらいいのか。

私も「出版」という夢は叶えたが、これから「出版し続ける」という、さらなる夢を叶え続けたい。
ともに、夢を叶え続ける覚悟を持とう。

千田さんでさえ、夢を叶え続ける覚悟がいるのか。

なーんだ。

ただいま覚悟中は、もうやめよう。

まずは、本書に書いてあった0.1%を実行しよう。

万年覚悟中の人は、ぜひ本書を読もう!

楽天Kobo電子書籍ストア  たった2分で、夢を叶える本。