千田琢哉月間スタート

先日、宣言した通り、これからしばらく千田琢哉本を読みまくりますので、千田琢哉本の感想・書評オンパレードになります。

ここ数日で何冊か読んだのですが、昔の千田本は若者向けで、最近の千田本は、経営者向けのものが多い気がします。

気のせいでしょうか?

それとも、わたしが成長したのか・・・。

「今」を変えるためにできること

さて、今回読んだのは、「「今」を変えるためにできること」。

なかなか、良かったです!

2012年に出版された本を2015年1月に電子書籍化したみたいですが、最近の千田さんの作風?に近いものだと思いました。

得はするものではなく、させるもの。

今回、肝に銘じようと思った言葉の一つは、こちら。

得は”する”ものではなく、”させる”もの。

ふおおお、耳が痛いですねえ。

なぜかというと?

得は相手にさせるものだと、まず気づくことだ。相手に得をさせようとする人や会社には人がドッと群がってくる。
人が群がってくると仕事が発生する。仕事が発生するからお金も集まってくるというわけだ。

確かに、相手の立場になって考えてみると、自分の儲けばかり考えてる人と、お近づきになりたいとは思いませんよねえ。

あの人といると、いいことがある!

そういう人に、人もお金も集まってくるんですね。

商売が旨い人は、そういうところをちゃんとわかってるんだと思います。

「やめなさい」と言われても、毎日やるのが努力。

二つ目は、わたしの自信につながった言葉。

「毎日やめようと思っても、ついついやってしまい、気がついたら10年続けていました」と言えるのが努力だ。
「こんなことしちゃいけないとわかっていても、手が勝手に小説を書いてしまうのです」とやってしまう言い訳を考えなければならないのが努力だ。

つまり、努力ってのは、ついやっちゃうことなんですって!

実はわたくし、今年ブログ開始10周年を迎える年です。

なので、なおさら、こうこの言葉がひしひしと迫ってくる感じがします。

頭痛くて倒れそうになりながらも。なぜかブログ書いていて、何やってんだわたし、とか思ってましたが、そうか、あれ努力だったんだ。

千田さんの他の本では、それを才能と呼んでいます。

あなたが、ついついやってしまうことはなんですか?

わたしのついついやってしまうことは、文章を書くことです。

ということで、今回の千田琢哉本も美味でした。

ごちそうさま!