一年ほど前に買って一度読んで、これはいい!と思ったけど、なぜかレビューしてなかった、千田琢哉さんの「ぼくのインプット&アウトプット法」の本。

レビューしようと思って、久しぶりに読み返したら、前回はスルーして付箋紙はってないところが、数カ所ぐっと来た。

ちょっと恥ずかしい感じもあるので、今回は引用はしないけれども、あれ?そうなのかな?あれ?あれ?という感じ。

もやもやしていたのが、なんとなくすっきりしてきた。

千田琢哉さんって、やっぱり凄いわ。

そして、前から付箋紙をはっていたところは、さらに深く理解が進んで、自分の体験と重なり合ってぐっと来た。

わたしもそれなりに成長しているのかも。

付箋紙を貼ったのに実践できてないこともあった。

これは、いかん!

すぐ行動しよう!

本書のタイトルは、「インプット&アウトプット法」なので、もっとテクニック的な内容をイメージするかもしれない。

タイトルだけ見たときは、あれ?千田さん、なんかスタイル変えたのかな?と思ったけど、中身を見たら、やっぱり千田さんの本だったw

小手先の方法ではなく、深イイ方法がここにある。