いろいろウォッチングしている管理人でありますが、実はもう十年以上ウォッチングしているものがあります。

それは、日本の地震活動。

ただ気になって仕方ないってだけなんですが、地味に防災食のサイトを作ってたりしています。

そんなわたしが、ロックオンしている情報発信者のお一人が、海洋地震学者の木村政昭さんという方で、たくさん本を出しておられます。

そういや、読んでなかったなと思って、「巨大地震が再び日本を襲う!」を読んで、ゾッとしました。

御嶽山の噴火を予知しとりますがな・・・

この方、さらに、浅間山、富士山の噴火、伊豆・小笠原海溝の巨大地震を予知されております。

とくに、伊豆・小笠原諸島の巨大地震は、日本の広範囲を襲う巨大津波地震となる可能性があるそうです。

東海・南海トラフ地震はない、という立場なので、いわゆる大学系の主流の地震研究者の方ではないかもしれませんが、東日本大震災を予知していることもあり、わたし個人の実感としては信憑性が高い気がします。

プレートテクニクス理論と火山の噴火活動を合わせ考える考え方は、個人的には、論理的で納得がいくものです。

こういう、予知だの予測だのは、その時が来てみないと、誰が正しいのかはわかりません。

なので、広く情報収集し、自らリスクをとって、防災対策をすることが重要だと考えています。

興味がある方は、一読を。

今からなら、御嶽山噴火後に新刊出たこっちの方が最新情報かも。

とりあえず、こういうの読んで、必要なものをしっかり備えたらあとは忘れるというのが、精神衛生上はおすすめですw