koboTouchの使い方は基本、外出先での読書を想定しているので、むき出しだとkoboTouchに傷がついてしまうことは容易に想像できます。

なので、koboスタイリッシュブックカバーを買いました。

120802kobotouch1

素材はランドセルにも使われているクラリーノを使っているそうです。

120802kobotouch2

我が家のこどもたちは二人ともクラリーノのランドセルでしたが、とても長持ちしたので、これは、なかなかポイント高いですね。

箱から出してみました。

120802kobotouch3

非常にシンプルなブックカバーです。

若干、かわいらしさに欠けますが、仕事中に持ち歩くにはこれくらいがいいかもしれません。

カバーは開くとこんなふうになっています。

120802kobotouch4

四隅に爪があり、そこに、koboTouchをはめこみます。

実際にkoboTouchをはめこんでみました。

120802kobotouch5

一応、色はラベンダーなんですが、ブックカバーにはめこんでしまうと、背中の色は、全然わかりません・・・orz

嬉しいような、悲しいような、複雑な気持ちです。

B5サイズの手帳な感じです。

120802kobotouch6

背表紙部分は柔らかいので、折り返して片手で持って読めます。

120802kobotouch7

koboTouchブックカバー装着表。

120802kobotouch8

koboTouchブックカバー装着裏。

120802kobotouch9

横から見た様子。

120802kobotouch10

早速、病院へ行く時など、すき間時間がありそうな時には、かばんに放り込んで出かけています。

何冊も本を持って行かなくていいので、本当、助かってます。

ただし、外ではWifiは使っていません。

基本家でダウンロードして、外では読むだけです。

koboTouchを持ち歩く予定の方は、ブックカバーがおすすめです。