田中和彦さんの「あたりまえだけどなかなかできない42歳からのルール」という本を読みました。

前書きに、

40歳が「不惑」なんて言われたのは、人生60年時代のことである。今なら、年齢に八掛けしたくらいがちょうどいい。

とあり、管理人も40歳は「不惑の歳」、と思っていたので目が覚めた気がしました。

田中和彦さんはその著書において、40代以降も「攻め」の人生を提案しておられます。

田中和彦さんの本はすでに、「「定年サバイバル時代」の働き方ルール」と「40歳から年収1000万稼ぐ人のルール」を読んでいいますが、内容的には重なっている部分が多かったです。

ただ、見開き2ページで一つのルールを解説しているということで非常に読みやすい本になっています。

本が苦手という方はこういった本のほうが読みやすいと思います。

田中和彦さんの本をまだ読んでない方にオススメです。