koboTouchは電子ペーパーを採用

記事執筆現在楽天市場で予約受付中の電子ブックkoboTouchは、本を表示させる画面に電子ペーパーを採用しています。

あまり電子ブックに興味がない方は、電子ペーパーって何?と思いますよね。

表示画面、液晶と電子ペーパー

電子ブックや本などの情報を表示できるモバイル端末の表示画面には二種類あります。

一つは、パソコンや携帯、スマホなどに使われている液晶画面。もう一つが、楽天のkoboTouch、アマゾンの電子ブックキンドルなどに採用されている電子ペーパーなのです。

では、液晶と電子ペーパーと一体何が違うのでしょうか?

電子ペーパーの方が目にやさしい

一般的にはkoboTouchが採用している電子ペーパーの方が目に優しいと言われています。

なぜでしょうか?

それは、電子ペーパーと液晶の仕組みの違いによるものです。

電子ペーパーは、表示されている画面に光が反射し、それによって、表示されている文章を見ることができます。これは、紙の本を読んでいるのとほぼ同じです。

暗いところへ行けば見えにくいです。

一方、液晶は、液晶裏のバックライトが光を放ち、画面に表示されている文字などを読むことができます。

ですから、パソコンやiPhone、スマホなどは、暗いところでも、見ることができますね。

しかし、画面が発光するため、目が非常に疲れやすいです。これについては、パソコンや携帯をじっと見続けて、目がつらい思いをした人も多いのではないでしょうか。

ブルーライトの危険性

さらに、目が疲れやすいだけなら、まだいいのですが、わたしが気になるのは、最近指摘されているブルーライトの危険性です。

最近はUVカットブームで、紫外線は目にも悪いと言われています。

ブルーライトは、この紫外線に近い波長で目に見える青色の光のことです。

このブルーライトが、パソコンやスマホなどの画面から出ている。そして、このブルーライトが目の奥まで届き、目に悪い影響を与えるのではないか、ということが問題になり、パソコン用メガネなどが売れているのです。

実はわたしも買いましたwww このJINS PCです。

さらに詳しいレビューをご所望の方はこちらへ。  パソコンする時はパソコン用メガネの新常識!JiNSPCを買ってみた!

数値的なものはわかりませんが、感覚的には確かにかけた方が目が楽な気がします。

大量に情報を得るために

紙によく似た電子ペーパーと、ブルーライトが出ている液晶とでは、どちらが目にやさしいか、ということですね。

ただでさえ、仕事でパソコンを使わなくてはならない状況が多い時代です。せめて、本を読むときくらいは、ブルーライトなしで、目をいたわって、本を読んだ方がいいのではないか、とわたしは思います。

そういうこともあり、わたしは、iPhoneで、電子書籍を読むことに積極的ではありませんでした。目がめっちゃ疲れるし。

紙の本であれば、一日3,4冊は読めますが、パソコンやiPhoneでは、疲れがひどくてとてもそんなにたくさん読めません。

今後は、予約したkobo Touchで読書三昧しようと思います。

本をたくさん読みたい方は、目を大事にしながら、本を読むことを考えてください。

買うなら、電子ペーパーの電子ブックがおすすめです。

それが、わたしがkobo Touchを予約した理由の一つです。