ホリエモンの成金、やっと読めました!おもしろかった!

現実世界と微妙にシンクロしたような設定がまた、臨場感を増しますね。

何がフィクションで何がフィクションでないのか?

ホリエモン自身が、事実の先にある真実と述べているとおり、設定はフィクションであったとしても・・・みたいな。

また、先に出版されている拝金に出てくる、主人公藤田優作のメンターであるおっさんこと「堀井健史」の若かりし頃、という設定も、なかなか。

成金を読み終わったら、拝金を読み返したくなりますね。

スピード感とワクワク感、さらに果てしない欲望を散りばめた成金、おもしろかったです。

ホリエモンの小説、二冊目だけど、結構オススメです。

さくっと読めます。