年末は書籍の片付けを!

今年一年、たくさん本を買って読みました。

電子書籍で買ったものも多いですが、手に取った本が電子化されていなくて、そのまま買った本も多々あります。

バリューブックスでビジネス書を売る

だんだん本棚が窮屈になってきたので、ここらへんで、読み終えた本を一通り処分することにしました。

ビジネス書を売ることに抵抗がなくなってきた

以前は、買ったビジネス書は売ることが出来ませんでした。

どんどん本がたまっていきますが、断捨離によると、それは不安の現れだったりするそうです。

棚にずらりと並んだ本は好ましいのですが、一方でなんとなく圧力のような物も感じたりします。

本に囲まれていたい、という想いと、この本を全部処分したらどんなにすっきりするだろう、という全く相反する想いを、本好きの方にはわかってもらえるでしょうか。

断捨離に出会って、本を手放すことができるようになった今、以前と比べるとかなり本の数は減りました。

むしろ、今はガンガン減らしてます。

本はあくまで入れ物に過ぎない

大事なのは、本を保管することではありません。

大事なのは、本に書かれている知識を吸収し、自分のものとして、活用することです。

そして、それはむしろ現実世界というより、情報空間での話しなのです。

もちろん、本それ自体に想い入れがある本というのはあります。

わたしも、初めて親に買ってもらった冒険とファンタジーの本「こどもだけの町」「砂の妖精」はもうシミがついて、ボロボロですが、大事に保管してあります。絶版してもう手に入らない本ですから。

しかし、多くの物語は、その本ではなく、物語こそが大事なのです。

目を閉じればその作品の世界が立ち上がってくる。

そこまで読み込めば、本は常に手元になくてもいいのかな、と思えるようになりました。

今必要でなく、また手に入るものは、手放してもいいのかな、と思えるようになりました。

ビジネス書はバリューブックスで1年以内に売る

本の中でも、ビジネス書は、エッセンスを吸収したと思ったら、速攻で売るようになりました。

これを可能にしたのが、バリューブックスです。

この前からたびたび利用していますが、5冊から送料無料で買い取ってもらえるところが魅力です。

しかも、1年以内は買い取り価格保証があります。

初版から3ヶ月以内の古本は定価の30%以上。

実際にかけ声どおりに、買い取りされているか、実験してみましたが、確かに最低保証ラインはクリアされていました。

このバリューブックスがあるおかげで、新刊本を前より気軽に買えるようになりました。

とりあえず読んでみたいだけで買った本や、読んで内容を吸収出来たと思った本は速攻で売ればいい。

特にブロガーなどという人種はついつい新しい物に手を出す人達なので、そういう人こそ、バリューブックスは活用できるでしょう。

ちなみに、漫画や小説は苦手らしいので、そういうのは、ネットオフやブックオフのネット買い取りがおすすめです。

ということで、またビジネス書売った!

6冊で1,011円でした。

1日目(金) 朝9時頃申し込み、同日夜引き取り
4日目(月) 15時頃査定結果通知、一時間後承諾メール送信
5日目(火) 振り込み手続き完了メール
6日目(水) 金融機関に入金

時間的に見て、ネットオフやブックオフのネット買い取りより、バリューブックスはかなり速いと思います。まあ、ブックオフやネットオフほど知名度ないんだろうな。でも、おかげで、速く入金してもらえるから、わたしはとっても助かってます!!w

また、次の本買おうっと!

年末、不要な本は断捨離してすっきりして新年を迎えましょう!

ビジネス書の買い取りはこちら  ビジネス書の高価買取 バリューブックス

漫画や小説の買い取りはこっちの方が・・・ネットオフは、2014/12/8までキャンペーンやってますね!
 本を売るならブックオフオンライン
 本を売るならネットオフ