マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長、内藤忍さんの、『丸の内朝大学内藤忍の「マネーの教科書」』という本を読んでみました。

なんでも、最近は東京では、朝7時過ぎから仕事をする前に通う市民大学というのが流行っているらしいですね。いわゆる「朝活」です。丸の内朝大学はこの朝活の先駆けだそうで、本書はその丸の内朝大学で著者が担当する「マネーコミュニケーションクラス」の講義を再現したものだそうです。

本書の目的はお金との付き合い方を考えることを通じて人生を豊かにする為に何をすべきかを学ぶことだそうです。

最初のうちはお金について結構わかってるよというようなことがいっぱい書いてあるのでさっくり読みました。が、途中から投資について初心者向けに分かりやすく書いてある部分はかなりおすすめです。

本書では資産管理シートを作ろうというようなことも提案されているのでこれは後ほどぜひ作ってみたいと思います。

さらにお金から自由になるためのアクションプランとして「これからやるべき10のこと」というのが参考になります。

この中で本当にやりたいことをアウトプットするという項目もあるのですが、やりたいことたくさんあると思っていましたら、言われて実際に書き出すとなると意外に思いつかないものですね。

ということで、マネーにあまり詳しくない方が、お金について勉強したい時に、ざっくり要点を抑えることができる初心者向けの良書だと思います。

お勧めだと思います。