中小企業とサイト運営者のために役立ちそうな「小さくても客数2倍&売上1.5倍!楽しい会社のつくり方」という本を読みました。

本書では楽しい「会社づくり」が提案されています。

基本的には会社についての本ですが、読み換えればサイト運営についても応用できる部分がたくさんありますので、サイト運営者の方にもおすすめです。

楽しい会社を作ろう!

著者いわく、不景気な時代でも業績が向上している会社の共通項は二つあるんだそうです。

1.社長以下、従業員さんが楽しんで働いている。
2.お客様が喜ぶことをみんなが考えている。

つまり楽しい会社というわけですね。

読者の方の中には、自分が知りたいのは楽しい会社の作り方ではなく、儲かる会社のつくり方だという方もおられると思います。

しかし、儲けることだけを考えていて、会社というものはやっていけるものでしょうか。

確かに儲けも大事ですが、やはり商売の基本は、お客様に喜んでもらうこと、それに尽きるのではないかと思います。

そしてここで著者が提案しているのは、お客様に喜んでもらうだけでなく、自分たちも楽しんで仕事ができる会社が本当に儲かる会社なんじゃないか、ということなのです。

こうすれば儲かる的な本を管理人も結構たくさん読みましたが、そういった儲ける本の中には、いやいやそれはちょっとやばいんでしょ、というようなことを書いた本もあります。

そういう方に比べると本書はある意味王道の本ですね。

覚えておきたいちょっとした良いこと

王道についてなら、もうよくわかってるから読まなくていいよねと思う方もおられるかもしれませんが、本書には結構いいことがたくさん書いてあります。

例えば、

  • だめな中小企業の五つの特徴
  • お客様に喜んで買ってもらうための五つの考え方
  • 仕事で最も大切なことは、お客様以上にお客様のことを思うこと
  • 自分の生活のために商品を売るだけではなく、毎日喜んで買いに来てもらえるような店にするには、何をすればいいのか?

と、ついつい普段、儲けを優先するために陥りがちな状態への注意喚起というか警告というか、そういったことがあちこちにちりだめられていてはっとさせられます。

ここに取り上げたのは、一例ですので、本書を読んでぜひ楽しい会社の作り方について考えているだけたらと思います。

楽しく仕事をすれば楽しく暮らせる

あなたがお金を稼ぎたいと思うのは、楽しく暮らすためではないですか?

楽しく暮らそうお金を得るために、自分の気持ちにそぐはない、辛い仕事をする・・・

何かおかしくないでしょうか?

それなら最初から楽しく仕事をすれば、楽しく暮らせるんじゃないのかな?そんなことに気づかせてくれた1冊でした。

ついつい毎日暗くなってしまう、事務所の雰囲気が暗い、そんなことに悩んでいる中小企業の経営者の皆さんとサイト運営者の方におすすめです。