まんがでわかりやすい!

漫画の絵が好みだったので、つい買ってしまった「まんがでわかるセブンイレブンの16歳からの経営学」。

意外と奥が深くおもしろかったです。

主人公の女子高生が、気軽に始めたセブンイレブンでのバイトを通じて、どんどん成長していくのもおもしろいし。

要所、要所で、セブンイレブンの経営方針がわかりやすく示されているのですが、これが、物を売っている人には、とても参考になることが書いてあります。

バイトでもここまで、店舗経営に参加すると、働くことが、おもしろくなってしまうでしょうね。

実際、本書を読み終わる頃には、セブンイレブンでバイトしたくなってましたw

ある意味、リクルート本??w

いやいや、わたしは既に自営だしと思ったんですが。

ちょっと働いてみたいなあ、楽しそうだなあと思ってしまったのは、事実です。

確かに、わたしもコンビニの中では、セブンイレブンをよく利用します。

プライベートブランドの味も良いし、品揃えもよいので、ついついセブンイレブンに立ち寄ってしまうんですよね。

なぜ、我が家はついセブンイレブンに立ち寄ってしまうのか、その秘密が分かったような気がしました。

物を売る、顧客にサービスを提供している人は、本書を読んで、大元の基本が出来ているのか、確認してみるといいですね。

おすすめです!