俺も捨てられちゃうの?

タイトルが気になって、電子書籍で買ってしまいました。

やましたひでこさんの「夫婦の断捨離」。

楽天Kobo電子書籍ストア  夫婦の断捨離

こんなタイトルの本を嫁が読んでたら、男性陣はドキッとするのではないでしょうか?

というのも、本書にも確か書いてあったと思うのですが、

「わたしも捨てられる」

と言う時、

女性は

「わたしでも捨てることができる」

と、思うのに対し、男性は、

「俺が捨てられちゃう!!」

と思うらしいです。

おもしろいですね。

他人どおしの断捨離

さて、夫婦というのは、一緒にいることに決めたから、一緒にいるだけであって。

親や子のように、血のつながりがあるわけではありません。

ぶっちゃけ、まあ、赤の他人です。

他人の中でも、多分一番近い人、というのが、夫婦のポジションでしょうか。

それを前提に、夫婦の断捨離は言わば縄張り争い的な視点を、やましたひでこさんは展開するわけですが、読んでいてもこれは、なかなかに納得できる話しです。

さらには、夫を断捨離してしまおうとする話しもやはり出てきて、では、夫を断捨離しようと決意した人が、どうなったかというのは、ぜひ本書で読んでいただきたいと思います。

今までの断捨離本は、まずは断捨離は自分からという視点で、対他人的なものは少なめだったという気がしますが、本書は、妻から見て夫という他人と、断捨離の関係を実例も交えて語っているところが、共感できます。

最近の断捨離本は、同じことの繰り返しだなあと思っている人には、本書は少し毛色が違う感じでおすすめです。

楽天Kobo電子書籍ストア  夫婦の断捨離