9月は千田琢哉さんの本が数冊出版されたので、ウキウキです!もちろん買いましたよ!!

千田さんの本は、本棚に置いておいて、ふと気づいた時にすぐに手に取って読みたいので、新刊は基本紙の本で買うことにしています。

デジタルだと、どうも記憶にアンカーが打ちにくいというか。

なんなんでしょうね、あの電子書籍の記憶への残りにくさw

まあでも、本棚狭いんで、それほど思い入れのない本は電子書籍で買いますが。

さて、今回買ったのは、『仕事で「もうダメだ!」と思ったら最後に読む本』です。

仕事で「もうダメだ!」と思ったら最後に読む本 千田琢哉

本書では、仕事で、もうダメだ!!と思った時の開き直り方?が書かれていますw

どうせ、開き直るなら、前向きに、自分に有利なように開き直ったり、なんらかの手をうったりしたいじゃないですか?

読んでて、いろいろなるほどなーと思いました。

特に、共感できたのは、第6章の『体力的に「もうダメだ!」と思ったら』です。

40代も後半になると、若かった頃のように、力任せなことが出来なくなってきます。

勢いで成果を出せていたところが出来なくなる。

確かにそうです。

わたしも今40代後半ですが、体力の衰えをひしひしと感じます。

じゃあ、どうしたらいいのか?
自分がやりたいことは何なのか?
どこへどう集中したらいいのか?

ということを延々と考え続けているわけです。

だから、千田さんのこの本の一節、

体力の限界は、「そろそろ知恵で勝負しなさい」という合図。

というのは、身に染みました。

ということで、リミッター解除のために、今日もどうしたらいいのか考えで、行動に移し続けます!

千田さん、ありがとうございます!