勇者になれ!というメッセージ

前回の記事「【コーチング体験】本当は魔道士になりたいのに勇者を目指そうとしていない?」でも書いたのですが、世界は強いリーダーを求めています。

リーダーとは、つまり、わたしが今やっているコーチングでいくと、勇者属性です。

先頭に立って戦い、決断し、パーティーを引っ張っていく、リーダー。

アマゾンで検索しても、リーダー論の本がたくさんあります。

今、わたしは脳内変換で「リーダー」→「勇者」に変換されちゃうんですが、それでいくとこんなタイトルがずらずら、と!

『「ついていきたい」と思われる勇者になる51の考え方』

『99%の人がしてないたった1%の勇者のコツ』

『勇者のための!ファシリテーションスキル』

『現場力を引き出す勇者の条件』

『はじめての勇者論』

『はじめて勇者になる君へ』

あの松下幸之助さんまで!

『勇者になる人に知ってほしいこと』

トヨタも!

『トヨタ式「勇者」育成法』

参謀論、No.2論

でもね、みんながみんな、勇者なわけじゃない。

参謀や、No.2の方が自分の力を思う存分発揮できる人だっていると思うのよ。

で、「参謀」でアマゾンで検索してみた。

検索結果、少なっ!!

今度は、「No.2になるには」で検索してみた。

ちょ!全然ヒットしないしw

リーダーになるには、という本はたくさんあっても、参謀になるには、っていう本はむっちゃ少ない。

これは、なんなんだろうね。

勇者と叫ぶほどに勇者不在の現実が

これほどまでに、勇者になるための本が存在していることは、つまり、勇者が足りてない、ってことだよね。

声高に叫ばれるほど、勇者不在の現実が見えてくる、のかな。

勇者が必要だ!

勇者にならないといけない!

勇者!勇者!勇者!

でも、本当にそうなのかな?

全員勇者でも困るデショ

ずっと、勇者を目指せメッセージを受け続けていると、勇者にならなくちゃ、と思い込んでしまっていたのがわたし。

でも、よく考えると、全員魔道士でも困るけど、全員勇者でも困ると思うのよね。

要は多様性とバランスが重要なわけで。

であるならば、なにもみんなが勇者を目指す必要はない。

魔道士でも、道化師でも、音楽家でも、商売人でも、自分のなりたいもの、得意なものを目指せばいい。

まずは、自分がならなくちゃと思っているのが、思い込みかどうか、見極めるといいのかも。

かくいうわたしも、それがわかってなくて、コーチングの中で初めて明らかになったわけですが。

自分一人では、もつれを解きほぐせない時は、手伝ってもらうのも必要かも。

わたしが受けている越智孝之コーチのコーチングはこちらのサイトから申し込みできます。
詳細はこちら ▶ こころの境界線らぼ

初回お試し+有料?までの成果:とりあえず勇者にはなりたくないけど、何になりたいのかわからない。

▶ 次のコーチング関連記事:コーチングのあと、この本読んだらぐっと来た・・・40代の捨てるについて
▶ 前回のコーチング関連記事:【コーチング体験】本当は魔道士になりたいのに勇者を目指そうとしていない?
▶ コーチング体験を最初から読む
▶ コーチング関連記事を全部見る