本棚も新陳代謝を!

どんどん本を読んでいると、どんどん本がたまっていきます。

以前は一軒家を借りていたので、本棚も広かったのですが、賃貸マンションに引っ越して、本棚も少なくしました。

そうすると、すぐに本棚があふれてきてしまいます。

なので、本棚からあふれたら本をネットの買い取りで処分しています。

バリューブックスで本を売る

本棚も新陳代謝が大事です。

本を捨てても困らない

昔は、この本はいい!と思ったらなかなか手放せなくて、本もたまりにたまっていました。

しかし、2年前に一軒家から賃貸マンションに引っ越した時に、必要にかられて、本もがっつり処分したんですが・・・

そうしたら、必要だと思っていた本を処分しても、そんなに困らなかったわw

むしろ、すっきりした!

必要だと思ってとっておいた本がむしろ、新陳代謝を滞らせていたなあ、というのが、処分してみての実感でした。

なんか執着してたのかなあ。

以前は本棚からの圧迫感がすごかったんですがw

今はそういうプレッシャーを感じません。なんだったんでしょうね、あれ。

手放してもまたすぐ手に入る本は、手放してもいいんだな、と思うようになりました。

5冊から売れるバリューブックスが便利

わたしのネットでの本の買い取り利用遍歴は、最初はネットオフ、次にブックオフオンライン、今はバリューブックスを愛用している感じです。

 本を売るならネットオフ
 本を売るならブックオフオンライン

ネットオフからブックオフオンラインに変えたのは、ブックオフオンラインの方が買い取りしてくれる本の種類が多かったのと、なんとなくだけど、買い取り金額が高い気がしたから。

これは、統計とかとってないんで、全くの印象だけなんだけどね。

それで、今はバリューブックスを利用しています。

最近のお気に入りはこちら  ビジネス書の高価買取 バリューブックス

ネットでの本の買い取りは、無料で引き取ってくれるところが多いですが、最低冊数というものがあります。

買い取り最低冊数が、ネットオフは30冊(たまに10冊キャンペーン)、ブックオフオンラインの宅本便も20冊単位ですが、バリューブックスは5冊から送料無料で送れるのがポイント!

がっつり捨てたい時は、ブックオフオンラインとかもいいんだけど、ためて置いておくのが邪魔じゃないですか?

その点、バリューブックスなら5冊から送料無料で引き取ってくれるので、それくらいなら、部屋にためておいても、邪魔にならないので、ほんと、助かってます。

ビジネス書メイン

ただし、バリューブックスで比較的しっかり買い取ってくれるのは、ビジネス書や専門書です。

これは、公式サイトで、どんな本が高価買い取りが得意で、どんな本は苦手か書いてあるので、チェックしてみてください。

漫画や小説は、苦手みたいなので、ブックオフオンラインで売った方がいいかも。

漫画とかなら、冊数も結構ありますから、無理にバリューブックスを使わなくても、ブックオフオンラインの最低冊数は比較的軽くクリアするんじゃないでしょうか。

一年以内は最低保証

さらに、一年以内に発行された本は、その月数に応じて、買い取り額の最低保証をつけてくれます。

なので、読み終わって必要ないと思ったら、速攻売り飛ばす?のがおすすめですw

手放してみてわかることもある

ビジネス書も話題の本だからと思って買ってみても、全てが取っておくほど、すごい本なわけではありません。

自分が消化済みの本はどんどん手放していけばいいと思います。

わたしは、引っ越し前までは、どちらかというと本を捨てられない人でした。

でも必要に迫られて本をたくさん手放しましたが、特に困りませんでした。

なーんだ!って感じでした。

本を手放しても全然困らないじゃーん!!

むしろ、タイミングを外して読まない本を本棚に詰め込み、本棚がぎちぎちに詰まっていた方がプレッシャーだったな、と思います。

本の賞味期限は買って数日なのかもしれません。

読みたいと思って買ってすぐに読む!

これが一番楽しいですね。

たくさん積ん読してあるのは、いわば頭と心の便秘状態。

本当にそこに積んである本をまだ読みたいのか?

一度リセットして、本棚をすっきりさせた方が良いのかもしれません。

ということで、刊行されて日の浅いビジネス書を売るなら、バリューブックス、結構おすすめです。

まだあまり知られてないのか、査定も早いので入金も早いです。

内訳がわからないのがたまにキズですが、それななくてもOK!という人は、是非利用してみるといいかも!

詳細・申込はこちら  ビジネス書の高価買取 バリューブックス