藤巻幸夫さんの「図解フジマキ流シビれる人生をつくる人脈の教科書」を読みました。

見開き二ページの左にポイント、右にその図解が書いてあり、大変理解しやすい人脈作りのサポート本です。

ただし、てっとり早く人脈を作って、それを儲けに活用したいと思っている方には向かない本です。

熱い人脈
信用の継続として人脈

そんな人脈を時間をかけてでも築いていきたいと思っている方向けの人脈の教科書です。

もちろん人脈を作るための細かなノウハウがたくさん掲載されているのですが、ここでも出てくるのは、やはり「信用」というキーワード。

この前から、読む本があれもこれも「信用」というキーワードでつながっている気がするのは気のせいでしょうか。

本書でも、著者は、最後の方で、

人脈は「利用」するためのものではない

と、言い切っています。

人脈を利用しようと思った時点で、人脈の芽がつまれてしまうのだそうです。

それでは、何のために人脈を作るのか?

その答えは是非本書を読んで、確認していただきたいと思います。

ビジネスマンにおすすめの本です!