年収1000万円超えてみたい

最近必死でアウトプットしまくっていましたが、そろそろなんかインプットが足りないなあと感じてきました。

本屋でぶらぶらしていたところ、千田琢哉さんの「年収1,000万円に届く人、届かない人、超える人」という本を見つけて、中身がすごく気になった。

だってね、年収1,000万円超えてみたいよね。

気になった時が買い時!ということで、そのままレジへ持って行って買いましたよ。行動あるのみ!

3,000万円、1,000万円、400万円の年収の人の行動

本の中身は、3,000万円、1,000万円、400万円の年収の人が、どういう時にどういう考え方や行動をとるか、ということを解説したもの。

心憎いのは、1,000万円・400万円の人の行動は、それぞれのまとまりの最初のところに書いてあるんだけど、3,000万円のところだけ、空欄になっているの。

これは、自分で考えてみなさい、ということですよね?

行動するためには、まず、その精神を理解する。

本書を読むと、なるほど、この年収の人はこんな風に考えるんだな、ということがよくわかります。

日常を変えるには行動を変える

最近よく思うのが、今までと何か変えるには、いつもと違うことをしないといけないということです。

知っているだけではだめで、儲かっていないなら、成果があがりそうなことを実践してみる。

いつも引きこもって記事ばかり書いているなら、外へ出てフィールドワークに出てみる。

観光地や百貨店へ行って、人やお店を観察してみる。

食わず嫌いでやらなかったことに手を出してみる。

行動を変えれば、結果も変わる。

こうだったらいいな、じゃなくて、おもしろい!やってみよう!これです。

目覚めたい人だけ読んでください

その観点で行くと、普段千田琢哉さんの本を読んでない人で、年収400万くらいかそれ以下の人は、本書を読むと衝撃を受けるかもしれませんね。

だけど、変わりたい人だけ読んでください。

衝撃を受けても、行動しないなら、またいつもの日常が続いていくだけです。

本書を読んで、自分のコンフォートゾーンを年収3,000万円にずらす。

簡単ではありませんが、やってみる価値はありそうですよ。

ということで、美味しかった!充電した!やっぱり、千田さんの本は元気が出ます!