突然phpがダウングレードされてWPが動かない!

やっとこさ、16個ワードプレスをエックスサーバーへ移転して、一息ついているところであります。

いろいろトラップにはまったので、移転手順をまとめる前に、忘れないうちに、メモしておこうと思います。

またトラップにはまっちゃったorz

今回ご紹介する移転トラップは、phpが突然ダウングレードする現象です。

わたしは、BackWPUpのバックアップファイルを解凍して、エックスサーバーへFTPでアップロードしましたが、普通に旧サーバーからダウンロードしたものをアップロードしても起きる現象です。

WPファイル一式をエックスサーバーのフォルダへアップロードして、さあ、ワードプレスにアクセスだ!と思ったら、

「使ってるphpのバージョンが古いから、ワードプレスは動かないよ!」

という感じのメッセージが出ました。メッセージをキャプチャしておけば良かったんだけど、忘れたよ。

phpはちゃんと使えるバージョンのはずなのに?

でもでも、phpを新しいバージョンにしてあるのは、エックスサーバーの管理画面で確認したのよ。

なのに、なんで古いバージョンになっちゃってんの?意味わかんない!!

と思って検索したら、わかりました。

htaccessファイルが重要

この現象は、さくらのhtaccessファイルをそのままエックスサーバーにアップロードしたのが原因でした。

サーバーに元々のhtaccessファイルが残っていたら見て欲しいのですが、エックスサーバーのhtaccessファイルには、phpのバージョンと、phpのパスが記入してあるんですよ!

さくらでは、こんなのなかったよね!

解決方法

ということで、さくらから持ってきたWordPressの制御が書いてあるhtaccessファイルに、エックスサーバーのhtaccessファイルに書いてあったphp関連の二行分を書き足したら、無事、ワードプレスが動き始めました。

書き足す場所は、ワードプレスの制御コードより上。

そして、phpのパス部分は、作成したドメインのパスに書き換えました。

htaccessファイル残ってないよ!という方でも、ドメイン設定してインストールしている方なら、エックスサーバーからもらったサブドメインにhtaccessファイルが残っていると思うので、それをチェックしてみてください!

いやあまったく、いろいろトラップにはまりまくったよねw

申込・詳細はこちら  エックスサーバー