iPad mini を偵察してきた!

わたしはkobo touch とその後継機種のkobo auraを持っています。

コミックと書籍はこれで満足していますが、困るのはカラーの雑誌です。

電子ペーパーは基本モノクロなので、カラー雑誌はカラーの恩恵が受けれません。さらにコントラストが微妙で読みにくいのと、そもそもkoboの画面が小さくて雑誌を読むのには向いていません。

iPad mini Retinaを偵察してきた!

ちょうど夫が新型iPad mini が気になるというので、購入を検討するため家電量販店へ見に行ってみました。

最有力候補のiPad mini Retina

今回のリニューアルで、iPad miniにも待望の画面の綺麗なRetinaタイプが出ました。

店頭に、レティーナとそうでないのと置いてありましたが、やはりレティーナの方が見比べるとすぐわかるくらいには画質が綺麗でした。

ただ、電子書籍用という一点に目的を絞ってしまうと、値段が格段に安いなら、型落ちのレティーナでないタイプでもわたしは我慢できるかな、と思いました。

若干画質は落ちますが。

もちろん、資金があれば迷わずレティーナを買うと思います。

iPad AirかiPad miniか?

次に大きさです。

iPad も新型の薄いiPad Air というのが出ています。

確かに画面が大きいのはいいのですが、なにぶん、わたくし握力が超弱いので、iPad Air でも両手で長時間持つとか無理だと思いました。

片手とか数分でギブですな。

手がぷるぷるするわ!

手に持つのには、iPadはデカすぎで、サイズ的には、iPad miniだ!ということになります。

電子書籍用にiPad mini はどうなのか?

問題は、iPad mini だと、画面が小さすぎて読みにくいのではないか、ということでした。

残念ながら、ネット回線はつながっておらず、koboアプリもKindleアプリも試すことはできませんでした。

ただ、iBookがインストールされていて、それで、小説と雑誌がインストールされていたので、それを根拠のお話しします。

ずばり!

iPad mini でも、いけるんじゃね?

あくまで、iBookを使っての感触ですが、iPad mini レティーナなら、小さくても、比較的くっきり見えた感じです。

また、多少小さくても指二本のスワイプで拡大縮小が簡単にできるのが、利点としては大きいです。

専用カバー

あと、わたしもkoboで使っていますが、専用カバーで蓋をしめると、端末が自動的にスリープになるカバーがあれば、それを買うのがオススメです。

iPad mini にもあるようなので、可愛さより便利さ!という人は、そちらの購入をオススメします。

アップルの純正ケースもありますし、サードパーティー製でこんなのもあるようです。

なんか純正と値段がむっちゃ違うんだけど、何が違うんだろう?(汗

iPad mini レティーナまとめ

実機を触るまでは、iPad miniじゃあ電子書籍で雑誌を読むのは無理じゃないかと思っていましたが、そうでもなかったです。

もちろん、大画面に越したことはありませんが、iPadは手に持って、特に片手に持って読むには大きすぎると思いました。

大きさや持ち運びも考えると、電子書籍読むなら、iPad mini ラティーナだと思います。

それで、じゃあ買ったのかというと、7万円くらい握りしめて、家電量販店に行ったのですが、その前に行った車の点検で、夏の車検で、タイヤ交換も必要で25万くらいかかることが判明!

7万は車の費用に当てることになりました・・・orz

ああ、iPad mini ほしかったな・・トホホホホ