本屋で見つけた「金持ちトーク、貧乏トーク」の本。

著者は話し方教室を主宰しているだけあって、さらに一歩踏み込んだコミュニケーションの本になっていました。

ポジティブシンキングよりポジティブアクション!

成功したい人は、本書を読んで、成功するコミュニケーションへの近道をゲットしてください!

気になる中身は・・・?

ポジティブシンキングよりポジティブアクション!

本書の中で、一番印象に残ったのは、

ポジティブシンキングよりポジティブアクション

という言葉でした。

成功するためには、確かにポジティブさというのは、とても重要な要素です。

なので、ポジティブシンキングがよく言われていますが、重要なのは、そのポジティブに考えたことを行動にうつすこと。

わたしが知っている成功している人は、とにかく行動が早いです。

見習わなくては、といつも思うので、わたしもできるだけ即行動!を心がけてはいますが、不得意分野はどうにも腰が重くて、まだまだだなあ、と思います。

もっと、フットワーク軽くいかないと、と常々思っています。

なので、この一節は特にガツンときました。

セミナーに参加したら即出力!は割と出来ていると思いますが、それ以外の方面でもっと、即行動をやってみなくちゃね。

「私のやり方でやりたい」という者に成功はない

次にガツンときたのが、

「私のやり方でやりたい」という者に成功はない

という一文。

脳裏をめぐるあのシーンやこのシーン。

はうー!やばいわ。使ってたかも。

成功している人の言うことは、とりあえずやってみよう・・・

「質問する人」は金持ちになり「自分の話しをする人」は貧乏になる

次にまたガツンときたのが、この一文。

「質問する人」は金持ちになり「自分の話しをする人」は貧乏になる

目の前に成功している人がいるのに、なぜそのチャンスを生かさず、自分のことを話しているのか、と。

そして、そういうときには、どういう質問をすればいいのか?ということもいろいろ書いてありました。

そうか、そうか。

ここ、むっちゃ参考になりました。

わたしも、話し方教室に通いたいくらい口下手なので、目の前に成功者の人がいても、質問できるかどうか自信がありませんが、せっかく本書を読んで、やり方も少しわかったので、次回はチャンスを逃さず、実践してみようと思います。

金持ちトークまとめ

書いてあることに既出のこともあるのですが、なんていうのか、切り口が変わっている、というか。

なるほど、こういう見方でこう考えることができるんだなと、新しい視点を得ることが出来たような気がします。

成功したいと思っているひと、なんでいろんなことがうまくいかないのかな?と悩んでいる人は、本書を読んでみると、ヒントが見つかるかもしれませんね!

おすすめです。