日本経済復活一番かんたんな方法

勝間和代・宮崎哲弥・飯田泰之さんの共著というか、対談本の「日本経済復活一番かんたんな方法」を読みました。

わたしは、経済については、全くの素人ですが、そんなわたしでも比較的わかりやすかったです。

なので、経済の初心者で現在日本の経済状況を、理解したいと思う方の良い教科書となると、思います。

ちなみに、以下の感想は、あくまで、経済については素人の管理人の感想ということを、加味して、読んでいただければと思います。

デフレに関する2つの論点

さて、現在の日本経済を覆う病デフレ。

このデフレを解決するには、どうしたらいいか、ということは、様々な場面で論議されていることは、皆さん、ご存知のことと思います。

そして、まだまだざっくりとした素人のわたしの理解では、

金融政策で、インフレターゲットを採用し、ゆるやかなインフレを起こすことで、デフレから脱却する、

という論調と、

産業構造の改革自体を行わなくては、この不況からは脱出できない

という二つの論点があると思います。

インフレターゲットは賛否両論

ぶっちゃけ、両方やればいいじゃん、と思うのですが、インフレターゲットについては、

やるべきだ!

という人と、

やったらハイパーインフレになるので、やるべきではない

という人で、意見が分かれています。

本書は、前者の立場に立って、書かれた対談本です。

正直、管理人は、どっちが正しいかよく分かりません。

賛成派の本を読めば、賛成派が正しい気がする。
反対派の本を読めば、反対派が正しい気がする。

さっぱり、わけがわからない、というのが、正直な気持ちです。

国民の思考停止が今の状態を・・・

しかし、だからと言って、もう考えるのはやめます、えらい人にお任せしておきます、というのでは、それは危険だし、何も変わらない。

というか、そうしてきたからこそ、この状態がずっと続いてきたのだし、未だにデフレについて、国民の側から何もアクションが起こせないのではないか、と思い始めています。

知識をつけ、考えよう

わたしは、経済の本は、嫌いだし、わけのわからないこともたくさんあります。

それでも、少しずつでも読んでいるのは、この状況を理解し、なんとかしたいと思うからです。

もちろん、わたし一人が行動したところで、何一つ変わらないかもしれません。

しかし、日本の国民一人一人が、デフレについて理解を深め、経済について、勉強を始めたら、大きな変化が起こせるのではないでしょうか。

子供達のためにも、この国を住みやすい国にしたいと思うのです。

だから、管理人は、経済の本を読むのです。

賛成派の本も、反対派の本も両方読めばいいと思います。

嫌いな経済の本でも、続けて読んでいれば、少しずつ経済の知識がついてくるのが、自分でもわかります。

まだ経済の本は好きではありませんが、以前より抵抗感がなくなりました。

そうしてたくさん読んでいくうちに、

あれ?なんだかこの人の言ってることは、おかしいんじゃない?

という何かが見えてくる瞬間が多分くるのではないか、と思うのです。

それは、どんな勉強や学問でも多分同じ。

行動したくても、どうしたらいいかわからない経済初心者の方、まずは本をたくさん読んで、知識をつけましょう。

その時には、必ず書かれていることを、本当かどうか疑って、自分なりに考えてから取り込んでください。

まるごと信じてしまっては、今までと同じですから。

初心者向けで読みやすい

本書は、対談本なので、そうした経済初心者の方でも、比較的読みやすく書かれています。

理解できるかどうかは、また別の話しですが、とりあえず、比較的楽しく最後まで読めました。

金持ち父さんが言うように、人生にこづき回されたままで終わりたくない、という方は、是非、本書を読んで、デフレと日本経済の状況について、学んでみてください。

Amazon.co.jp  日本経済復活 一番かんたんな方法 (光文社新書 443)
楽天ブックス  日本経済復活一番かんたんな方法