勝間和代さん監修、ムギ畑WMB制作委員会編の「ワーキングマザーバイブル Mother~お母さんになりたいアナタへ~」を読んでみました。

これから、お母さんになりたい人にとって、心強い助けとなる本だと思いました。

仕事は必要

管理人も、フルタイムで共働きで子育てをしていた頃がありました。

結局、管理人は仕事をやめて専業主婦になりました。

その時に一生懸命考えて出した結論なので、後悔はしていませんが、女性にもやはり仕事は必要だと思います。

今は、フルタイムで働いていた頃とはまったく畑違いの仕事を少しずつ増やしています。

別の勝間さんの著書で、「インターディペンデントな生き方実践ガイド」という本を先日読みましたが、自分の人生を生きるためには、経済的自立が必要だという主張で、深く納得です。

管理人の場合、それまでしていた仕事が、自分がやりがいを持ってやりたいと思う仕事ではなくなっていたので、リセットするために、いったん仕事をやめましたが、続けたい仕事なら、また話しは別でしょう。

仕事を続けたい、でも子供も大事。

二つの心のはざまで、ワーキングマザーはいつも揺れています。

誰かの体験談を読むだけでも違う

そんな時には、自分だけで考えていると、どうしてもぐるぐる同じところをめぐってしまうので、誰かの意見を聞くことも大事です。

でも、職場や近くにそんな相談できる人がいない、という人もいるかもしれません。

そんな方は、ぜひ本書と本書とセットのWorkingのワーキングマザーバイブルを読んでみるといいと思います。

登場する人の体験談に共感できることもあるでしょう。

そういう方法もあったのか!と、目からウロコの方法が見つかることもあるでしょう。

時には厳しい意見にドキッとするかもしれません。

管理人も、仕事と子育ての両立が大変だったときに、読みたかったと思います。

ワーキングマザーになりたい人、今ワーキングマザーで大変な人、忙しいとは思いますがちょこっと読むと、何かいいアイデアが見つかるかもしれませんよ!