苫米地英人さんの「人生を劇的に好転させる自己洗脳ルール」を読みました。

ドクター苫米地の成功する人のルールブックという副題がついています。

本書は、人生を強烈に好転させるためのヒント集です。

  • 幸せに生きるためのルール12
  • 夢をかなえるルール9
  • 脳を最大限に働かせるルール13
  • 人生が変わるルール10

の4つの章から成り立っています。

本書のカバーにも、「もう、努力してはいけない」とありますが、基本、やりたいことをやろうよ、と言っている本です。

嫌いなことを、いやいや苦しみながらやるのではなく、好きなことを楽しんでやりましょう、というのです。

人間、好きなことだけやって暮らせるなら、苦労しないんだよ、という反論も聞こえてきそうですが、とりあえず、まず、本書を読んでみたらいいなあ、と。

いやいや仕事をしていると、心のどこかで、誰かが、がんがん扉を叩いていて、苦しくなりませんか?

わたしがそうでした。

最初に選んだ職業は、自分では認めたくありませんでしたが、やはり、周囲に影響されて選んだ職業だったと思います。

だから、時間がたつごとに、すごくつらくなっていきました。

やっとそこを抜け出し、今はたぶん自分がしたいことをしています。

そして、そういう状態で本書を読むと、なるほどなあ、とうなずけることが多いです。

もっと人生が楽しくなるために、本書に書いてあることを、実践してみたいと思います。

手元において、たびたび読み返したい本です。