千田琢哉さんの「一生イノベーションを起こしつづけるビジネスパーソンになるために20代で身につけたい読書の技法」を読みました。

千田式70の読書のルールと技術がまとめてあります。

ちなみに、千田さんの本には20代とよく銘打ってありますが、それ以外の年代でも十分楽しめる内容です。

いくつか、なるほどと思った点をピックアップしてみます。

読書しない人は40代以降が悲惨

以前、書いた記事で、

 ネタはネットに落ちてるんじゃない!現場に落ちてるんだ!|初心者のためのサイトネタの見つけ方その1

ブログのネタは自分でリアルに経験することが大事だ、というような内容を書きました。

それに相反するようですが、やはり自分の経験だけではだめなのです。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」というようなことわざもありますが、成長のためには、自分の経験に加えて、読書で様々な経験をバーチャルに体験することが必要です。

読書しない人は40代以降が悲惨

と、千田さんもぶったぎっています。

以前、苫米地英人さんの本を読んだ時に、大量に読書したその出力をどうするか、という時に、「人格から出力しろ」とあって、なるほどと思ったのですが、千田さんも同じようなことを言っています。

膨大な言葉のシャワーを浴びておけば、あなたに必要な言葉だけが潜在意識にストックされ続ける。

わたしも体験がありますが、そうして、ストックされた言葉は、何かを体験した際に、ふわっと意識にのぼってきます。

ああ、なるほど、このことか、と思うんですよね。

本を捨てる

千田氏はかなりの読書家のようですが、膨大な本をいったいどうしてるのだろう?と思っていました。

今回、「本を捨てる」という章があって、興味津々で読んでみると・・・

1年触れなかった分はまとめて処分

と、ありました。

さらに、

本を捨てた分だけ、年収に反映される。

とあり、え?そうなの?とびっくり。

読書家にとって、蔵書の管理というのは悩みの種です。

わたしも、前一軒家に住んでいた時は、本が大量にあって、そのパワーに押しつぶされそうでした。

本ってそこにあるだけで、なんか気を発してますよね。

引っ越しを機に、読み終わったものや、読んでないけどもう読まないだろうな、と思う本を大量に処分しました。

本を捨ててしまうことは、身を切るように辛くて、本がなくなったらさぞかし寂しいだろうな、と思ったのですが、実際処分してみると、かなり気持ち的にすっきりしました。

本にも賞味期限があるんですね。

それ以降、もういいかな、と思った本は、古くならないうちに処分しています。

そうすると、本棚が空いて、また新しい本を買って読みたくなり、元気も出ますね。

本を書く

さらに、将来本を出したいなあ、と思っている人は、第5章をチェック!

マニュアル的なものではありませんが、千田流著者の仲間入りのポイントみたいなところが書いてあって、興味深いです。

読書の技法まとめ

わたしも読書が好きなので、うんうんそうだよね、とうなづきながら読めました。

あと、出版ということも視野に入れたいなと思いました。

読書初心者の人や、読書が大好きでたまらない人におすすめ。