楽天KoboTouchの本体容量がいっぱいになった

楽天の電子書籍サイト楽天Koboは、しょっちゅうキャンペーンやら割引きやらやっていて、電子書籍が安く買えます。

ここね。

 楽天koboイーブックストア

なので、どんどん買っていたらついにkoboTouchの容量がいっぱいになってしまいました。

コミックが結構容量食うよね。

なので、MicroSDを増設すれば、かなりの冊数が保存できるというので、MicroSDを増設することにしました。

micro SDHCを購入

購入したのは、こちらのトランセンドのmicro SDHC。

購入したmicroSDHC

購入したmicroSDHC

左側がmicroSDHC。右側は、SDカードとして使うときのためのアダプターです。

購入したのはアマゾン。

これね。

無期限保証とか書いてあるし、なんやろね?

Kobo touchには、microSDカードとmicroSDHCカードが使えるようです。どうせなら容量いっぱい、最大転送速度にすべし!と思って、microDSHC 32GB Class10にしました。

なんでトランセンドにしたかというと、これがアマゾンでレビューも多かったし人気っぽかったから。

koboのソフトウェアのバージョンを確認

microSD増設で保存できる冊数を増やす全体的な説明はこちら。

 micro SD/SDHCカードを使用して、保存できるコンテンツの数を増やす

microSDHCを接続する前にいろいろ確認をしないといけません。

まずは、koboのソフトウェアのバージョンを確認します。

 kobo電子ブックリーダーのソフトウェアのバージョンを確認する

ソフトウェアのバージョンが2.2.0以前の場合は、バージョンアップが必要です。

うちのkoboちゃんは2.6.0だった。続行。

micro SDフォーマットを確認

次に、microSDHCのフォーマットを確認。Fat32になってたらいいようです。

microSDHCをパソコンにつないで、プロパティを確認。Fat32でした。

続行。

フォーマットする場合はこちら。

 microSDカードをFAT32形式にフォーマットするにはどうしたらいいですか。

microSDHCをkoboTouchにさす

つぎに、microSDHCをkoboTouchにさします。電源はオフで!!

microSDHCに蔵書を取り込む

わたしは、Koboのデスクトップアプリを使っていますが、とりあえず、デスクトップアプリを起動させ、koboTouchをいつものように、パソコンにつないだら、microSDに保存しますか?的なメッセージが出て、OKにしたら、容量が増えて、保存が開始されました。

特に複雑な操作は必要ありませんでした。

わたしは新品のmicroSDHCを買ったので、特にあれこれやらなくてすみましたが、手持ちのものを使う時は、下記のページを参考にされてみてください。

そのほかのmicroSDやmicroSDHCを増設される方も、とりあえず詳細は、こちらのヘルプをじっくり読んで実行してくださいね。そんなに難しくはないと思います。

 micro SD/SDHCカードを使用して、保存できるコンテンツの数を増やす

ふー。これでやっと、大量のコミックをKoboTouchに転送できました!

読むぞ-!

iPhoneでも読めるので、気になる本があれば、キャンペーンや割引きコードを使って、安いときに買っておくのがおすすめ!

購入はこちら  楽天koboイーブックストア