読書感想文の宿題もう終わった?

夏休みもいよいよ後半戦にはいってきましたね。

そろそろ、親も子も宿題が終わらずそわそわしているのではないでしょうか?

いや、そわそわしてるのは、親だけかもしれんね。

子供はまだまだ大丈夫!とか思って、夏休みを満喫してるのかも。

そうそう、それで、読書感想文の宿題なんですが、もう終わりましたか?

ブロガー的読書感想文攻略編

ふと思いついたんだけど、ブログを書くように、読書感想文とか書いたらおもしろいんじゃないかなあ、と思ったんですよね。

よくあるじゃないですか、ブログっぽいタイトルって。

数字入ってるとかさ。

で、こんな本にこんなタイトルはどうかと考えてみたので、藁にもすがる思いの方は参考にどうぞw

ただし、ネタなので、「○つの方法」ってタイトルつけたからと言って、ほんとにそんだけ方法があるかどうかは謎です。

読んでなんとなく覚えていた内容から、こんな読書感想文タイトルが出てきたけど、どうよ?というくらいで。

ちなみに、ご紹介している本はどれもおすすめの名作なので、子供さんの読書感想文にはおすすめです。

まだ読まれてなければ、是非親子で読んでみてください!

サマーウォーズ

まずは、もうこれは名作でしょう!という「サマーウォーズ」。

アニメと漫画と本とどれが最初かは調べてないですが、どれを読んでも見ても感動しました。泣けます。わたしは、涙ぼろぼろで号泣しますw

この本は本当、子供さんにおすすめです。

そうですね、この本ならさしずめ、ブロガー的に読書感想文にタイトルつけると

サマーウォーズから学ぶあきらめない3つの方法

くらいでしょうか。

図書館戦争

さて、お次はアニメ化も実写化も漫画化もされてる名作、図書館戦争!

そうですね、これなら、

図書館戦争で彼らが守ろうとしたものを考えてみた

とか、

なぜ彼らは本を守るのか?

みたいな?

カラフル

お次は、カラフル。

とある魂が再チャレンジのために、自殺した少年の体にホームステイするという内容ですが、こちらも名作!

人生で一番大切なことはカラフルから学んだ

とか。

何か、いろんなもののパクリの気がするのは、気のせいですw

そして、これをまともに論じたら、果たして感想文の域にとどまるのかどうかは謎です。

ということで、読書感想文の書き方に困ったら、人気ブログのタイトルを見て、切り口を探して見るのも良いかもしれませんよ!というお話。

ただし、タイトルがかぶって、学校の先生になんか言われても責任とれないので、そのあたりは自己責任でどうぞ!